日付一覧

  • 2018/12/16 08:35:49
  • 2018/12/15 21:58:46
  • 2018/12/15 08:37:36
  • 2018/12/13 08:08:39
  • 2018/12/10 22:55:44
  • 2018/12/10 08:28:51
  • 2018/12/09 12:21:35
  • 2018/12/08 09:15:01
  • 2018/12/07 18:24:21
  • 2018/12/06 08:55:08
  • 2018/12/05 08:21:14
  • 2018/12/04 23:16:30
  • 2018/12/02 08:34:26
  • 2018/11/26 09:02:52
  • 2018/11/25 08:13:46
  • 2018/11/24 08:43:58
  • 2018/11/21 08:18:10
  • 2018/11/20 09:04:27
  • 2018/11/19 11:15:39
  • 2018/11/18 12:41:14
  • 2018/11/16 08:13:11
  • 2018/11/15 14:11:00
  • 2018/11/12 08:02:07
  • 2018/11/11 07:14:41
  • 2018/11/10 17:11:10
  • 2018/11/09 08:39:01
  • 2018/11/08 10:05:54
  • 2018/11/07 08:34:06
  • 2018/11/05 09:13:26
  • 2018/11/04 08:41:09
  • 2018/11/03 08:13:35
  • 2018/11/02 08:41:00
  • 2018/10/30 09:48:39
  • 2018/10/29 09:17:17
  • 2018/10/28 11:36:04
  • 2018/10/27 17:32:23
  • 2018/10/25 08:49:45
  • 2018/10/24 08:58:51
  • 2018/10/22 08:33:29
  • 2018/10/17 08:23:02
  • 2018/10/16 08:25:33
  • 2018/10/15 08:44:51
  • 2018/10/13 08:33:18
  • 2018/10/12 00:12:46
  • 2018/10/11 01:13:23
  • 2018/07/27 21:36:38
  • 2018/06/09 09:15:21
  • 2018/06/08 10:02:02
  • 2018/06/04 08:21:52
  • 2018/06/03 22:45:02
  • 2018/06/03 08:24:32
  • 2018/06/02 21:50:41
  • 2018/06/02 08:32:14
  • 2018/05/30 09:37:48
  • 2018/05/28 22:31:15
  • 2018/05/27 07:59:37
  • 2018/05/26 15:46:31
  • 2018/05/21 20:54:57
  • 2018/05/18 07:36:17
  • 2018/05/17 09:10:27
  • 2018/05/16 07:51:16
  • 2018/05/15 22:27:34
  • 2018/05/15 18:34:17
  • 2018/05/12 09:35:51
  • 2018/05/11 07:51:51
  • 2018/05/10 08:02:40
  • 2018/05/09 22:30:29
  • 2018/05/09 10:50:00
  • 2018/05/08 20:55:07
  • 2018/05/08 08:50:33
  • 2018/05/07 20:55:41
  • 2018/05/07 07:40:51
  • 2018/05/06 22:44:50
  • 2018/05/06 08:51:41
  • 2018/05/05 07:38:25
  • 2018/05/04 20:07:10
  • 2018/05/04 13:10:55
  • 2018/05/03 07:41:26
  • 2018/05/02 18:45:51
  • 2018/05/01 07:52:49
  • 2018/04/30 08:58:13
  • 2018/04/29 08:00:01
  • 2018/04/28 23:51:33
  • 2018/04/27 07:46:10
  • 2018/04/26 09:41:02
  • 2018/04/24 09:48:32
  • 2018/04/23 20:51:56
  • 2018/04/23 09:01:39
  • 2018/04/22 23:25:11
  • 2018/04/20 07:57:09
  • 2018/04/19 22:45:58
  • 2018/04/18 22:35:31
  • 2018/04/18 08:27:40
  • 2018/04/17 18:31:49
  • 2018/04/11 09:19:47
  • 2018/04/10 23:36:31
  • 2018/04/10 08:54:57
  • 2018/04/09 09:08:35
  • 2018/04/09 00:11:10
  • 2018/04/08 08:10:37
  • 2018/06/09 09:15:21
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2018年5月19日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2018年5月19日

    なぜ私たちは、森羅万象の背後にある神秘を理解できないのでしょうか?バガヴァンが幻影の影響を説明し、あらゆる場所であらゆる機会に神を見るよう私たちに呼びかけられています。

    この過去・現在・未来という三幕構成のドラマは、主にとってはクリスタルのように水晶のように透明でわかりやすいものです。主は全知なので、一瞬で三つすべてを把握します。実行されているのが主の計画であり、創造という舞台の上で演じられているのが主のドラマなのです。しかし、役者と見物人たちは、その成り行きと意味を推し量ることができず、混乱して戸惑います。どうして一場もしくは一幕でその意味を明かすことができるでしょう?物語をすべて明らかにするためには、ドラマ全体を見届けなければなりません。そうではありませんか?神秘が明らかになり、その劇が「単なるドラマ」であるとわかれば、あなたは主の中にいて、主があなたの中にいるという確信が始まります。それゆえ英知を求める人々は、常にこれを意識しなければなりません。:神は微細な姿で、そして粗大な姿で、すべてのハートの中にいる。神は蟻の中にも象の中にも、原子の中にも大気の中にもいるのです!

    ―グニャーナ ヴァーヒニー第19章

    あなた自身の実体を探求し続けようと決意しなさい。常に神を思い、啓示の中で生きることを決意しなさい。―ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。