日付一覧

  • 2019/01/18 20:57:19
  • 2019/01/18 08:06:18
  • 2019/01/17 22:55:38
  • 2019/01/17 07:02:39
  • 2019/01/16 08:22:04
  • 2019/01/15 22:54:40
  • 2019/01/15 08:58:41
  • 2019/01/14 21:57:20
  • 2019/01/14 09:02:40
  • 2019/01/13 20:35:27
  • 2019/01/13 08:46:18
  • 2019/01/12 17:08:26
  • 2019/01/12 10:23:18
  • 2019/01/11 21:55:01
  • 2019/01/11 10:50:44
  • 2019/01/10 08:56:23
  • 2019/01/09 09:12:31
  • 2019/01/07 09:03:57
  • 2019/01/06 23:37:32
  • 2019/01/06 08:52:09
  • 2019/01/05 09:14:29
  • 2019/01/04 22:17:58
  • 2019/01/04 09:42:20
  • 2019/01/03 22:59:47
  • 2019/01/03 08:15:33
  • 2018/12/29 23:31:53
  • 2018/12/29 08:31:35
  • 2018/12/28 20:36:44
  • 2018/12/28 08:12:06
  • 2018/12/27 08:49:31
  • 2018/12/26 09:11:21
  • 2018/12/25 08:52:13
  • 2018/12/24 23:08:07
  • 2018/12/24 08:41:05
  • 2018/12/23 08:36:18
  • 2018/12/22 22:18:31
  • 2018/12/22 08:28:19
  • 2018/12/21 08:00:16
  • 2018/12/20 23:58:09
  • 2018/12/20 08:51:27
  • 2018/12/19 21:39:39
  • 2018/12/19 08:20:49
  • 2018/12/16 08:35:49
  • 2018/12/15 21:58:46
  • 2018/12/15 08:37:36
  • 2018/12/13 08:08:39
  • 2018/12/10 22:55:44
  • 2018/12/10 08:28:51
  • 2018/12/09 12:21:35
  • 2018/12/08 09:15:01
  • 2018/12/07 18:24:21
  • 2018/12/06 08:55:08
  • 2018/12/05 08:21:14
  • 2018/12/04 23:16:30
  • 2018/12/02 08:34:26
  • 2018/11/26 09:02:52
  • 2018/11/25 08:13:46
  • 2018/11/24 08:43:58
  • 2018/11/21 08:18:10
  • 2018/11/20 09:04:27
  • 2018/11/19 11:15:39
  • 2018/11/18 12:41:14
  • 2018/11/16 08:13:11
  • 2018/11/15 14:11:00
  • 2018/11/12 08:02:07
  • 2018/11/11 07:14:41
  • 2018/11/10 17:11:10
  • 2018/11/09 08:39:01
  • 2018/11/08 10:05:54
  • 2018/11/07 08:34:06
  • 2018/11/05 09:13:26
  • 2018/11/04 08:41:09
  • 2018/11/03 08:13:35
  • 2018/11/02 08:41:00
  • 2018/10/30 09:48:39
  • 2018/10/29 09:17:17
  • 2018/10/28 11:36:04
  • 2018/10/27 17:32:23
  • 2018/10/25 08:49:45
  • 2018/10/24 08:58:51
  • 2018/10/22 08:33:29
  • 2018/10/17 08:23:02
  • 2018/10/16 08:25:33
  • 2018/10/15 08:44:51
  • 2018/10/13 08:33:18
  • 2018/10/12 00:12:46
  • 2018/10/11 01:13:23
  • 2018/07/27 21:36:38
  • 2018/06/09 09:15:21
  • 2018/06/08 10:02:02
  • 2018/06/04 08:21:52
  • 2018/06/03 22:45:02
  • 2018/06/03 08:24:32
  • 2018/06/02 21:50:41
  • 2018/06/02 08:32:14
  • 2018/05/30 09:37:48
  • 2018/05/28 22:31:15
  • 2018/05/27 07:59:37
  • 2018/05/26 15:46:31
  • 2018/05/21 20:54:57
  • 2018/12/24 08:41:05
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2018年12月2日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイ ラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2018年12月2日

    なぜ私たちはつながりのあるすべての人の中に神を見続けるべきなのでしょうか?バガヴァンが愛情深く要求なさっています。

    あなたは全ての人に対する愛を育まなければなりませんが、それぞれの人格と能力を明確に区別するかもしれません。 同じ血液が全身を流れていますが、目は嗅ぐことができず、耳は味わうことができず、鼻は見ることができません。ですから、区別を増幅したり、互いに争ったりしてはなりません。人類の基本である兄弟愛と愛の原理を強調しなさい。カップの中で完全に水に溶けてしまった砂糖は目には見えないけれども、一滴でも舌で味わえばはっきりわかるのと同じように、神は目には見えないけれども内在しているのです。金持ちであれ、貧しい人であれ、教育された人であれ、または文盲の者であれ、あらゆる人が神を体験することができます。主の御名(ナーマスマラナ)を絶え間なく繰り返しなさい。それらの御名があなたに示す神の栄光と慈悲に思いを馳せなさい。すべての人のハートの中にある甘美さを味わいなさい。そうすればあなたにとって、全ての人の中にある神を見、全ての人の中にある神を愛し、全ての人の中にある神を崇拝することが、より容易になるでしょう。

    -1967年7月31日の御講話

    あなたのハートという畑から利己主義という雑草を根こそぎ取り除きなさい。霊性修行にはそれで充分です。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。