日付一覧

  • 2019/01/18 20:57:19
  • 2019/01/18 08:06:18
  • 2019/01/17 22:55:38
  • 2019/01/17 07:02:39
  • 2019/01/16 08:22:04
  • 2019/01/15 22:54:40
  • 2019/01/15 08:58:41
  • 2019/01/14 21:57:20
  • 2019/01/14 09:02:40
  • 2019/01/13 20:35:27
  • 2019/01/13 08:46:18
  • 2019/01/12 17:08:26
  • 2019/01/12 10:23:18
  • 2019/01/11 21:55:01
  • 2019/01/11 10:50:44
  • 2019/01/10 08:56:23
  • 2019/01/09 09:12:31
  • 2019/01/07 09:03:57
  • 2019/01/06 23:37:32
  • 2019/01/06 08:52:09
  • 2019/01/05 09:14:29
  • 2019/01/04 22:17:58
  • 2019/01/04 09:42:20
  • 2019/01/03 22:59:47
  • 2019/01/03 08:15:33
  • 2018/12/29 23:31:53
  • 2018/12/29 08:31:35
  • 2018/12/28 20:36:44
  • 2018/12/28 08:12:06
  • 2018/12/27 08:49:31
  • 2018/12/26 09:11:21
  • 2018/12/25 08:52:13
  • 2018/12/24 23:08:07
  • 2018/12/24 08:41:05
  • 2018/12/23 08:36:18
  • 2018/12/22 22:18:31
  • 2018/12/22 08:28:19
  • 2018/12/21 08:00:16
  • 2018/12/20 23:58:09
  • 2018/12/20 08:51:27
  • 2018/12/19 21:39:39
  • 2018/12/19 08:20:49
  • 2018/12/16 08:35:49
  • 2018/12/15 21:58:46
  • 2018/12/15 08:37:36
  • 2018/12/13 08:08:39
  • 2018/12/10 22:55:44
  • 2018/12/10 08:28:51
  • 2018/12/09 12:21:35
  • 2018/12/08 09:15:01
  • 2018/12/07 18:24:21
  • 2018/12/06 08:55:08
  • 2018/12/05 08:21:14
  • 2018/12/04 23:16:30
  • 2018/12/02 08:34:26
  • 2018/11/26 09:02:52
  • 2018/11/25 08:13:46
  • 2018/11/24 08:43:58
  • 2018/11/21 08:18:10
  • 2018/11/20 09:04:27
  • 2018/11/19 11:15:39
  • 2018/11/18 12:41:14
  • 2018/11/16 08:13:11
  • 2018/11/15 14:11:00
  • 2018/11/12 08:02:07
  • 2018/11/11 07:14:41
  • 2018/11/10 17:11:10
  • 2018/11/09 08:39:01
  • 2018/11/08 10:05:54
  • 2018/11/07 08:34:06
  • 2018/11/05 09:13:26
  • 2018/11/04 08:41:09
  • 2018/11/03 08:13:35
  • 2018/11/02 08:41:00
  • 2018/10/30 09:48:39
  • 2018/10/29 09:17:17
  • 2018/10/28 11:36:04
  • 2018/10/27 17:32:23
  • 2018/10/25 08:49:45
  • 2018/10/24 08:58:51
  • 2018/10/22 08:33:29
  • 2018/10/17 08:23:02
  • 2018/10/16 08:25:33
  • 2018/10/15 08:44:51
  • 2018/10/13 08:33:18
  • 2018/10/12 00:12:46
  • 2018/10/11 01:13:23
  • 2018/07/27 21:36:38
  • 2018/06/09 09:15:21
  • 2018/06/08 10:02:02
  • 2018/06/04 08:21:52
  • 2018/06/03 22:45:02
  • 2018/06/03 08:24:32
  • 2018/06/02 21:50:41
  • 2018/06/02 08:32:14
  • 2018/05/30 09:37:48
  • 2018/05/28 22:31:15
  • 2018/05/27 07:59:37
  • 2018/05/26 15:46:31
  • 2018/05/21 20:54:57
  • 2018/12/27 08:49:31
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2018年12月6日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイ ラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2018年12月6日

    永続する至福を体験する最も確実な方法は何でしょうか?バガヴァンが優しく説明なさっています。

    憎しみ、悪意、妬み、慢心の感情という、同類である人間たちの間に分離を作り出すものは、自分と体を同一視することから生じます。あなたは自分を体だと思っています。あなたは自分の体は他の人の体とは分離していることを知っています。あなたの飢え、あなたの渇き、あなたの快感、あなたの家族、あなたの共同体、あなたの国――このように、あなたは自分の愛に領域をこしらえて、自分を狭い場所に閉じ込めて、その領域の外にあるものすべてを、敵であるとか、よそ者であるとか、ライバルとして扱っているのです。しかし、源は一つであり、支えは一つです。神が父であり、人類は子です。人類同朋よりも、父なる神に注意を向けなさい。そうすれば、あなたのハートの中でもっともっと人類同朋が強調され、無知から来る区別という毒が取り除かれます。あなた方全員は一つの体の手足であり、まったく同一の血液によって栄養が与えられ、同一の意志、すなわち神の意志によって動機づけられ、同一の神の法によって結びつけられています!それがヴィシュワルーパ〔宇宙の姿〕、すなわち、万物の内なる神、あらゆる場所にいる神であり、人はそれを見て、体験しなければなりません。それはあなたに永遠に続く至福(アーナンダ)を授けます。

    -1967年12月20日の御講話

    魂が内在しているという真理がひとたび認識されれば、意識は目覚め、世界は一つの家族となります。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。