日付一覧

  • 2019/03/22 08:02:36
  • 2019/03/21 09:16:36
  • 2019/03/20 08:40:39
  • 2019/03/19 08:48:12
  • 2019/03/18 08:31:34
  • 2019/03/17 08:18:44
  • 2019/03/16 07:54:54
  • 2019/03/15 07:42:33
  • 2019/03/14 22:45:21
  • 2019/03/12 20:33:16
  • 2019/03/11 11:20:43
  • 2019/03/09 08:00:25
  • 2019/03/06 09:54:00
  • 2019/03/03 22:32:25
  • 2019/02/26 20:08:41
  • 2019/02/26 08:22:52
  • 2019/02/22 08:44:27
  • 2019/02/21 08:52:13
  • 2019/02/20 23:11:18
  • 2019/02/18 08:56:45
  • 2019/02/15 08:08:21
  • 2019/02/14 09:01:05
  • 2019/02/13 08:40:41
  • 2019/02/12 09:06:28
  • 2019/02/11 23:07:39
  • 2019/02/11 08:57:18
  • 2019/02/10 10:14:11
  • 2019/02/09 10:11:25
  • 2019/02/08 09:12:55
  • 2019/02/06 10:12:44
  • 2019/02/05 09:02:47
  • 2019/02/03 08:26:03
  • 2019/02/02 23:25:47
  • 2019/02/02 08:28:55
  • 2019/02/01 08:03:44
  • 2019/02/01 00:45:34
  • 2019/01/31 09:30:30
  • 2019/01/30 20:51:25
  • 2019/01/30 15:03:57
  • 2019/01/28 22:24:56
  • 2019/01/28 09:19:44
  • 2019/01/27 23:27:20
  • 2019/01/27 13:06:42
  • 2019/01/27 00:05:19
  • 2019/01/25 08:22:50
  • 2019/01/24 22:51:32
  • 2019/01/24 09:42:49
  • 2019/01/23 22:33:50
  • 2019/01/23 09:27:02
  • 2019/01/22 21:54:55
  • 2019/01/22 09:50:47
  • 2019/01/21 21:47:01
  • 2019/01/21 08:55:22
  • 2019/01/20 23:58:44
  • 2019/01/20 10:05:28
  • 2019/01/19 23:26:29
  • 2019/01/19 06:38:54
  • 2019/01/18 20:57:19
  • 2019/01/18 08:06:18
  • 2019/01/17 22:55:38
  • 2019/01/17 07:02:39
  • 2019/01/16 08:22:04
  • 2019/01/15 22:54:40
  • 2019/01/15 08:58:41
  • 2019/01/14 21:57:20
  • 2019/01/14 09:02:40
  • 2019/01/13 20:35:27
  • 2019/01/13 08:46:18
  • 2019/01/12 17:08:26
  • 2019/01/12 10:23:18
  • 2019/01/11 21:55:01
  • 2019/01/11 10:50:44
  • 2019/01/10 08:56:23
  • 2019/01/09 09:12:31
  • 2019/01/07 09:03:57
  • 2019/01/06 23:37:32
  • 2019/01/06 08:52:09
  • 2019/01/05 09:14:29
  • 2019/01/04 22:17:58
  • 2019/01/04 09:42:20
  • 2019/01/03 22:59:47
  • 2019/01/03 08:15:33
  • 2018/12/29 23:31:53
  • 2018/12/29 08:31:35
  • 2018/12/28 20:36:44
  • 2018/12/28 08:12:06
  • 2018/12/27 08:49:31
  • 2018/12/26 09:11:21
  • 2018/12/25 08:52:13
  • 2018/12/24 23:08:07
  • 2018/12/24 08:41:05
  • 2018/12/23 08:36:18
  • 2018/12/22 22:18:31
  • 2018/12/22 08:28:19
  • 2018/12/21 08:00:16
  • 2018/12/20 23:58:09
  • 2018/12/20 08:51:27
  • 2018/12/19 21:39:39
  • 2018/12/19 08:20:49
  • 2018/12/16 08:35:49
  • 2019/01/11 10:50:44
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2018年12月21日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイ ラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2018年12月21日

    私たちの国と、世界の平和を広く愛する者として、私たちは己の見解にどのような変化を引き起こさなければならないのでしょうか?バガヴァンが教えてくださいます。

    神聖な愛の化身である皆さん!もし、世界に真の平和を確保したいなら、宗教に対して、いかなる反感も抱いてはなりません。皆さんは、自分のジャーティ(属する共同体、カースト、家族)よりも上位のものとして、ニーティ(道徳)を固く守らなければなりません。皆さんは、宗教的信念よりも重要なものとして、善良な感情を育まなければなりません。互いに尊敬し合うこと(ママター)、平等心(サマター)、忍耐(クシャマター)は、すべての人にとって必要な基礎的な特性です。この三つの神聖な特質を育む人が、真の人間です。人は、私利私欲と自分本位を避けなくてはなりません。愛と寛容と慈悲を育みなさい。調和の中で生きなさい。あなたを導く指針は、困窮者への奉仕であるべきです。奉仕においては、いかなる種類の相違にも余地を与えてはなりません。社会に奉仕したいと望むなら、あなたの個人的な利益と、あなたの属する共同体の利益を犠牲にする覚悟がなくてはなりません。そのような犠牲を通じてのみ、あなたは人生を純化することができるのです。ヴェーダ聖典(「ナ カルマナー」)は、不死はティヤーガ(犠牲、放棄)によってのみ獲得できるものであり、他のいかなる方法によっても得られないと、きっぱりと断言しています。

    -1990年12月25日の御講話

    純粋な愛は、一つの神の家族としてすべてを見ます。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。