日付一覧

  • 2019/02/15 08:08:21
  • 2019/02/14 09:01:05
  • 2019/02/13 08:40:41
  • 2019/02/12 09:06:28
  • 2019/02/11 23:07:39
  • 2019/02/11 08:57:18
  • 2019/02/10 10:14:11
  • 2019/02/09 10:11:25
  • 2019/02/08 09:12:55
  • 2019/02/06 10:12:44
  • 2019/02/05 09:02:47
  • 2019/02/03 08:26:03
  • 2019/02/02 23:25:47
  • 2019/02/02 08:28:55
  • 2019/02/01 08:03:44
  • 2019/02/01 00:45:34
  • 2019/01/31 09:30:30
  • 2019/01/30 20:51:25
  • 2019/01/30 15:03:57
  • 2019/01/28 22:24:56
  • 2019/01/28 09:19:44
  • 2019/01/27 23:27:20
  • 2019/01/27 13:06:42
  • 2019/01/27 00:05:19
  • 2019/01/25 08:22:50
  • 2019/01/24 22:51:32
  • 2019/01/24 09:42:49
  • 2019/01/23 22:33:50
  • 2019/01/23 09:27:02
  • 2019/01/22 21:54:55
  • 2019/01/22 09:50:47
  • 2019/01/21 21:47:01
  • 2019/01/21 08:55:22
  • 2019/01/20 23:58:44
  • 2019/01/20 10:05:28
  • 2019/01/19 23:26:29
  • 2019/01/19 06:38:54
  • 2019/01/18 20:57:19
  • 2019/01/18 08:06:18
  • 2019/01/17 22:55:38
  • 2019/01/17 07:02:39
  • 2019/01/16 08:22:04
  • 2019/01/15 22:54:40
  • 2019/01/15 08:58:41
  • 2019/01/14 21:57:20
  • 2019/01/14 09:02:40
  • 2019/01/13 20:35:27
  • 2019/01/13 08:46:18
  • 2019/01/12 17:08:26
  • 2019/01/12 10:23:18
  • 2019/01/11 21:55:01
  • 2019/01/11 10:50:44
  • 2019/01/10 08:56:23
  • 2019/01/09 09:12:31
  • 2019/01/07 09:03:57
  • 2019/01/06 23:37:32
  • 2019/01/06 08:52:09
  • 2019/01/05 09:14:29
  • 2019/01/04 22:17:58
  • 2019/01/04 09:42:20
  • 2019/01/03 22:59:47
  • 2019/01/03 08:15:33
  • 2018/12/29 23:31:53
  • 2018/12/29 08:31:35
  • 2018/12/28 20:36:44
  • 2018/12/28 08:12:06
  • 2018/12/27 08:49:31
  • 2018/12/26 09:11:21
  • 2018/12/25 08:52:13
  • 2018/12/24 23:08:07
  • 2018/12/24 08:41:05
  • 2018/12/23 08:36:18
  • 2018/12/22 22:18:31
  • 2018/12/22 08:28:19
  • 2018/12/21 08:00:16
  • 2018/12/20 23:58:09
  • 2018/12/20 08:51:27
  • 2018/12/19 21:39:39
  • 2018/12/19 08:20:49
  • 2018/12/16 08:35:49
  • 2018/12/15 21:58:46
  • 2018/12/15 08:37:36
  • 2018/12/13 08:08:39
  • 2018/12/10 22:55:44
  • 2018/12/10 08:28:51
  • 2018/12/09 12:21:35
  • 2018/12/08 09:15:01
  • 2018/12/07 18:24:21
  • 2018/12/06 08:55:08
  • 2018/12/05 08:21:14
  • 2018/12/04 23:16:30
  • 2018/12/02 08:34:26
  • 2018/11/26 09:02:52
  • 2018/11/25 08:13:46
  • 2018/11/24 08:43:58
  • 2018/11/21 08:18:10
  • 2018/11/20 09:04:27
  • 2018/11/19 11:15:39
  • 2018/11/18 12:41:14
  • 2018/11/16 08:13:11
  • 2019/01/19 23:26:29
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2019年1月6日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイ ラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2019年1月6日

    さまざまな宗教は一つであることの大切さを、私たちは子供たちにどのように教えるべきでしょうか?バガヴァンが私たちに気付きを、バルヴィカス教師に重要なヒントを与えてくださいます。

    ヴェーダは、神の恵みに感謝して神を崇拝し礼拝すべきであると教えています。聖書は、平安を求めて祈り、慈善活動を実践すべきだと教えます。クルアーン(コーラン)は、苦しむ人々に慈愛を示し、最高位にある神に全託するようにと教えます。仏教聖典は、仏教のテキストは、無執着と感覚のコントロールという教訓を教えます。アヴェスター(ゾロアスター教の経典)とゼンド(ゾロアスター経典の注釈書)は、悪い性癖を取り除き、あなた自身が生まれ持った光輝の中で輝くようにと勧めます。ですから、すべての宗教の教えは一つであり、あらゆる言語によるあらゆる御名に向けられた祈りは同一の神に届くのだということを、あなた方全員が理解しなければなりません。あなた自身だけでなく他の人にとっても助けとなる心からの願望を叶えるために、絵や偶像を通じて神に祈ることができることを理解しなさい。バルヴィカスのグル(教師)は、これらの特質をすべて自分のものとしてから、教訓と模範によって、バルヴィカスの子供たちにそれらを教えなければなりません。

    -1978年6月6日の御講話

    説教ではなく、模範を示すことが最良の教材です。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。