日付一覧

  • 2019/07/27 08:22:12
  • 2019/07/26 17:57:36
  • 2019/07/24 20:43:36
  • 2019/07/19 21:00:01
  • 2019/07/18 23:14:52
  • 2019/07/17 20:52:22
  • 2019/07/16 18:02:28
  • 2019/07/05 09:28:00
  • 2019/07/04 09:14:25
  • 2019/07/02 09:59:24
  • 2019/07/01 11:21:36
  • 2019/06/30 10:07:27
  • 2019/06/29 23:37:08
  • 2019/06/26 08:28:32
  • 2019/06/24 08:46:49
  • 2019/06/23 08:37:00
  • 2019/06/21 20:33:47
  • 2019/06/20 10:45:19
  • 2019/06/19 16:11:24
  • 2019/06/17 22:54:54
  • 2019/06/12 09:35:02
  • 2019/06/12 09:26:37
  • 2019/06/07 08:38:00
  • 2019/06/06 13:49:51
  • 2019/06/05 08:51:16
  • 2019/05/26 08:30:45
  • 2019/05/24 08:28:55
  • 2019/05/23 07:55:16
  • 2019/05/22 08:26:54
  • 2019/05/21 00:02:49
  • 2019/05/17 08:06:40
  • 2019/05/16 08:04:38
  • 2019/05/15 12:12:13
  • 2019/05/14 09:06:50
  • 2019/05/10 12:00:24
  • 2019/05/09 15:33:27
  • 2019/05/08 08:51:43
  • 2019/05/05 08:38:50
  • 2019/05/04 08:30:03
  • 2019/05/03 07:57:28
  • 2019/05/02 08:19:20
  • 2019/05/01 16:43:47
  • 2019/04/30 21:52:20
  • 2019/04/29 08:02:16
  • 2019/04/28 20:28:17
  • 2019/04/26 07:29:21
  • 2019/04/24 22:31:36
  • 2019/04/13 10:27:46
  • 2019/04/12 18:07:50
  • 2019/04/11 08:54:57
  • 2019/04/10 10:20:00
  • 2019/04/07 08:37:18
  • 2019/04/04 09:11:12
  • 2019/04/03 09:46:24
  • 2019/03/29 08:35:41
  • 2019/03/28 11:00:18
  • 2019/03/23 09:09:06
  • 2019/03/22 08:02:36
  • 2019/03/21 09:16:36
  • 2019/03/20 08:40:39
  • 2019/03/19 08:48:12
  • 2019/03/18 08:31:34
  • 2019/03/17 08:18:44
  • 2019/03/16 07:54:54
  • 2019/03/15 07:42:33
  • 2019/03/14 22:45:21
  • 2019/03/12 20:33:16
  • 2019/03/11 11:20:43
  • 2019/03/09 08:00:25
  • 2019/03/06 09:54:00
  • 2019/03/03 22:32:25
  • 2019/02/26 20:08:41
  • 2019/02/26 08:22:52
  • 2019/02/22 08:44:27
  • 2019/02/21 08:52:13
  • 2019/02/20 23:11:18
  • 2019/02/18 08:56:45
  • 2019/02/15 08:08:21
  • 2019/02/14 09:01:05
  • 2019/02/13 08:40:41
  • 2019/02/12 09:06:28
  • 2019/02/11 23:07:39
  • 2019/02/11 08:57:18
  • 2019/02/10 10:14:11
  • 2019/02/09 10:11:25
  • 2019/02/08 09:12:55
  • 2019/02/06 10:12:44
  • 2019/02/05 09:02:47
  • 2019/02/03 08:26:03
  • 2019/02/02 23:25:47
  • 2019/02/02 08:28:55
  • 2019/02/01 08:03:44
  • 2019/02/01 00:45:34
  • 2019/01/31 09:30:30
  • 2019/01/30 20:51:25
  • 2019/01/30 15:03:57
  • 2019/01/28 22:24:56
  • 2019/01/28 09:19:44
  • 2019/01/27 23:27:20
  • 2019/01/27 13:06:42
  • 2019/03/17 08:18:44
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2019年2月25日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイ ラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2019年2月25日

    ハートを拡大し、愛の本質を大きく広げることがなぜ重要なのでしょうか。シンプルでありながら深遠な例を挙げて、バガヴァンが説明なさっています。

    自分自身に集中している愛は、四つの外壁に光を当てることなく、部屋だけを照らす電球のようなものです。それは五感に縛り付けられていて、神の中ではあなたの親類縁者である他の人々に心を開くことは決してありません。もう一つのタイプの愛があります。それはより大きく、より深く、家族のメンバーに向けられます。それは、物がはっきり見えるほど明るくはありませんが、部屋の中を動き回るには十分な、月明かりのようなものです。それもまた、上がったり下がったり、増えたり減ったりします。しかし、最も望ましいタイプの愛は日光のようなもので、何ら区別をすることなく、明るく照らし、活性化し、浄化することに常に従事しています。この愛は、神への献身という精神で人を行動させます。その結果、すべての行為が、高みへと導く、神聖なものとなるでしょう。

    -1964年12月17日の御講話

    太陽が朝霧を晴らすように、神への純粋な愛は、無知と人間の自惚れを消し去ります。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。