日付一覧

  • 2019/06/12 09:35:02
  • 2019/06/12 09:26:37
  • 2019/06/07 08:38:00
  • 2019/06/06 13:49:51
  • 2019/06/05 08:51:16
  • 2019/05/26 08:30:45
  • 2019/05/24 08:28:55
  • 2019/05/23 07:55:16
  • 2019/05/22 08:26:54
  • 2019/05/21 00:02:49
  • 2019/05/17 08:06:40
  • 2019/05/16 08:04:38
  • 2019/05/15 12:12:13
  • 2019/05/14 09:06:50
  • 2019/05/10 12:00:24
  • 2019/05/09 15:33:27
  • 2019/05/08 08:51:43
  • 2019/05/05 08:38:50
  • 2019/05/04 08:30:03
  • 2019/05/03 07:57:28
  • 2019/05/02 08:19:20
  • 2019/05/01 16:43:47
  • 2019/04/30 21:52:20
  • 2019/04/29 08:02:16
  • 2019/04/28 20:28:17
  • 2019/04/26 07:29:21
  • 2019/04/24 22:31:36
  • 2019/04/13 10:27:46
  • 2019/04/12 18:07:50
  • 2019/04/11 08:54:57
  • 2019/04/10 10:20:00
  • 2019/04/07 08:37:18
  • 2019/04/04 09:11:12
  • 2019/04/03 09:46:24
  • 2019/03/29 08:35:41
  • 2019/03/28 11:00:18
  • 2019/03/23 09:09:06
  • 2019/03/22 08:02:36
  • 2019/03/21 09:16:36
  • 2019/03/20 08:40:39
  • 2019/03/19 08:48:12
  • 2019/03/18 08:31:34
  • 2019/03/17 08:18:44
  • 2019/03/16 07:54:54
  • 2019/03/15 07:42:33
  • 2019/03/14 22:45:21
  • 2019/03/12 20:33:16
  • 2019/03/11 11:20:43
  • 2019/03/09 08:00:25
  • 2019/03/06 09:54:00
  • 2019/03/03 22:32:25
  • 2019/02/26 20:08:41
  • 2019/02/26 08:22:52
  • 2019/02/22 08:44:27
  • 2019/02/21 08:52:13
  • 2019/02/20 23:11:18
  • 2019/02/18 08:56:45
  • 2019/02/15 08:08:21
  • 2019/02/14 09:01:05
  • 2019/02/13 08:40:41
  • 2019/02/12 09:06:28
  • 2019/02/11 23:07:39
  • 2019/02/11 08:57:18
  • 2019/02/10 10:14:11
  • 2019/02/09 10:11:25
  • 2019/02/08 09:12:55
  • 2019/02/06 10:12:44
  • 2019/02/05 09:02:47
  • 2019/02/03 08:26:03
  • 2019/02/02 23:25:47
  • 2019/02/02 08:28:55
  • 2019/02/01 08:03:44
  • 2019/02/01 00:45:34
  • 2019/01/31 09:30:30
  • 2019/01/30 20:51:25
  • 2019/01/30 15:03:57
  • 2019/01/28 22:24:56
  • 2019/01/28 09:19:44
  • 2019/01/27 23:27:20
  • 2019/01/27 13:06:42
  • 2019/01/27 00:05:19
  • 2019/01/25 08:22:50
  • 2019/01/24 22:51:32
  • 2019/01/24 09:42:49
  • 2019/01/23 22:33:50
  • 2019/01/23 09:27:02
  • 2019/01/22 21:54:55
  • 2019/01/22 09:50:47
  • 2019/01/21 21:47:01
  • 2019/01/21 08:55:22
  • 2019/01/20 23:58:44
  • 2019/01/20 10:05:28
  • 2019/01/19 23:26:29
  • 2019/01/19 06:38:54
  • 2019/01/18 20:57:19
  • 2019/01/18 08:06:18
  • 2019/01/17 22:55:38
  • 2019/01/17 07:02:39
  • 2019/01/16 08:22:04
  • 2019/01/15 22:54:40
  • 2019/04/10 10:20:00
    • プラシャーンティ ニラヤムからのサイの御言葉 2019年3月10日

    サイの御言葉

    愛を込めたサイラムとプラシャーンティ ニラヤムからの御挨拶を申し上げます。

    2019年3月10日

    社会に正義を広めるための最良の方法とはどのようなものでしょうか? バガヴァンが最良の方法を教えてくださいます。

    「ダルマを伝えること」というのは、知られていないことについての知識を広めることを意味するのではありません。その基本的な目的は、ダルマの実践を促進することです。ダルマを伝える資格があるのは、ダルマを実践している人だけです。ダルマとサティヤ(真理/真実)は、自らダルマとサティヤを実践している人によって伝えられなかったせいで、影が薄くなり、認知されていないのです。ダルマとサティヤが日常生活の中で実践されている時にのみ、ダルマとサティヤの真の性質と価値は理解されるようになるでしょう。人は素行によって判断されます。行いが善ければ、善い人と言われます。行いが悪ければ、悪い人と言われます。人の資質と行いは、相互に依存しています。行いは資質を明らかにし、資質は行いを決定します。したがって、善い資質を身につけることによって、誰もが自分を改善する努力をすべきです。

    -1988年1月7日の御講話

    すべては神の具現であるという想いを発展させた時に初めて、あなたの物の見方(ビジョン)は聖別されるでしょう。-ババ

    ============================================
    編集・発行:サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン

    このメールの登録変更・解除は、http://www.sathyasai.or.jp/h2h/
    からお願いします。