日付一覧

  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2017/12/01 07:48:55
    • 【月刊サイメールマガジン】2017年12月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■    
    Sathya Sai International Organization Japan
    2017年 12月号
    ==================================
    〜 サットサング前編 〜
     先日、西国33所の一つ、播州清水寺をたずねました。丁度、30年に一度公
    開される十一面観世音菩薩を見ることができました。その境内に弁財天の御
    真言が掲示されており、「オン・ソラソバティエイ・ソワカ」と書かれてい
    ました。これはきっと原語のサンスクリットでは「オーム・サラスヴァ
    ティ・スヴァハ」だなと思った次第です。御真言が時代を経て脈々と受け継
    がれていました、、。

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月のババ様の御講話  ■
    ──────────────────────────────────
    バクティに関するババの御講話
    「神への愛」(1986年1月19日)
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19860119.html

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ■
    ──────────────────────────────────
    ○ 12月25日 クリスマス ― イエス キリスト様ご生誕祭
      
     12月25日は、イエス キリスト様のご生誕をお祝いする「クリスマス」祭が
    世界各地で行われます。イエス様は神の愛と無限の慈悲を説かれており、
    「これらのものがなければ人間は決して人間的ではない、」とババ様は言わ
    れています。一歩でも神の愛と無限の慈悲の心に近づけますように、神と共
    に生きることができますように、イエス様のお誕生日を心からお祝いし、イ
    エス様の生き方をお手本として、少しでも愛を実践するように努めてまいり
    ましょう。日本のセンター・グループでも、バジャンやスピーチなどのプロ
    グラムを通してイエス キリスト様のご生誕をお祝いいたします。是非ご一
    緒にお祝い致しましょう。
    詳細は、SSIOJホームページをご覧ください。
    http://sathyasai.or.jp/ashram/festival/christmas.html

    ○ 会員登録についてのQ&Aをアップしています。
    http://www.sathyasai.or.jp/about/reg.html

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月の特別行事と祭事 ■
    ──────────────────────────────────
    ○ 奈良グループ記念祭 12月2日(土) 13時〜
    場所:奈良町センター :奈良市東寺林町38番地

    ──────────────────────────────────
    ■ バクティクラブ「神は見ています」 ■
    ──────────────────────────────────
    日常のすべての出来事を神様の御業と信じている帰依者と神との対話

     朝寝坊、車、昼食、電話、マッサージ…
     そういった何気ないありふれた日常の出来事の中に
     想像もつかないほどの神の愛と恩寵が隠されている
     あらゆるものごとは神の計画であり
     日常のふとした出来事のすべてにおいて神の気配を感じ
     神様を信頼することへの重要性
     無限の愛と恩寵を注ぎ続けることこそが
     神様にとってのありふれた日常にすぎないという
     母なる神の推し量れぬ深淵さを説く

    http://www.sathyasai.or.jp/bhakti/_src/sc430/Kamiwamiteimasu20.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ 〜サイと共に〜学生とババとの対話集 ■
    ──────────────────────────────────
    1992年10月
    スワミが帰依者を救ったという奇跡が語られています。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201712/studentswithsai.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ(ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ──────────────────────────────────
    「息子たち」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201712/chinnakatha.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ バジャンクラス (ラーマ クリシュナ プラブ トゥ ジャヤ ラーム ジャヤ ラーム) ■
    ──────────────────────────────────
    Rama Krishan Prabhu Tu Jaya Ram Jaya Ram
    Sai Krishan Prabhu Tu Sai Ram Sai Ram
    Yesu Pita Prabhu Tu Hey Ram Hey Ram
    Allah Eashwara Tu Allah Ho Akbar
    Shiridi Sai Prabu Tu Sai Ram Sai Ram

    ラーマ クリシュナ プラブ トゥ ジャヤ ラーム ジャヤ ラーム
    サイ クリシュナ プラブ トゥ サイ ラーム サイ ラーム
    イェーシュ ピター プラブ トゥ ヘェ ラーム ヘェ ラーム
    アッラー イーシュワラ トゥ アッラー ホー アクバル
    シルディ サイ プラブ トゥ サイ ラーム サイ ラーム

    神よ、あなたはラーマでありクリシュナです、ラーマに栄光あれ
    神よ、あなたはサイでありクリシュナです、ラーマであるサイに栄光あれ
    神よ、あなたはイエスの聖なる父です、ああラーマ、ラーマ
    神よ、あなたはアッラーでありシヴァです、神は偉大なり
    神よ、あなたはシルディのサイ ババです、ラーマであるサイに栄光あれ

    ラーマ=ヴィシュヌ神の化身(トレータユガ)
    クリシュナ=ヴィシュヌ神の化身(ドワパラユガ)
    プラブ=神、主なる神
    トゥ=あなた
    ジャヤ=万歳、栄光あれ
    イエーシュ=イエス キリスト
    ピター=父 
    アッラー=イスラム教の無形の神
    アッラー ホー アクバル=「神は偉大なり」
    シルディ サイ=シルディのサイババ〔ババの前世の名前〕

    ※ 下記URLから音源を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201712/bhajan.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイのご案内 ■
    ──────────────────────────────────
    ラジオ サイ12月号  
    全国サーダナキャンプ ゾーン5世話人Bro.アショクのスピーチ(後半),
    サイの御言葉「原初の音」

    ・SSIOJ事務局の連絡
    ・全国サーダナキャンプ ゾーン5世話人Bro.アショクのスピーチ(後半)
    ・全国サーダナキャンプ  サイの御言葉の朗読「原初の音」

    以下より試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/index.html

    ==================================
    〜 サットサング後編 〜
     播州清水寺は私も何度かお参りしたことがあるのですが、このお寺の開基
    をご存じでしょうか?推古天皇の時代に、天竺(インド)から紫の雲に乗っ
    て飛来したとされる法道仙人です。兵庫県下、特に播磨国には法道仙人が開
    いたとされるお寺がたくさんあります。西国巡礼33カ所のうち、播州清水
    寺(25番)の次は法華山一乗寺(26番)ですが、こちらは法道仙人が日
    本に飛来して最初に発見した霊山だそうで、山中にひっそりとたたずむ三重
    塔がすばらしい古刹です!インドの聖仙が、その昔、雲に乗って日本に飛来
    した・・・というだけでもなんだかワクワクしてしまいますが、その仙人は
    きっと、頭はアフロヘアで、オレンジ色のローブをまとっておられたのでは
    ないか?と勝手に想像しています。

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション
    https://youtu.be/OVTPgsl_FQM
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2017 Sathya Sai International Organization Japan All right reserveded