日付一覧

  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2010/11/23 00:26:34
    • サティア サイババ様 85歳 御降誕祭特別号

    ==========================
    ■■ 月刊サイメールマガジン ■■
    Love All Serve AllSathya Sai Organization Japan
    サティヤ サイババ様 85歳 御降誕祭 特別号
    ==========================
    愛する私の子供たちに

    私の愛と祝福を受け取りなさい。

    帰依の目的は、私たちのハートの中の神に気づくことであり、

    神が私たちの存在の隅々まで神の光と力で満たすのを許さなければなりません。

    これができれば、私たちのハートには、世界のすべての生き物に向けられた

    神の愛が満ちあふれます。私たちの目はどこを見ても神のみを見、私たちの手は

    すべての人の善のためにのみ働くようになって、最終的に私たちは、至福と歓喜に

    満ちた神の化身そのものになるのです。その状態では、帰依者と神の間の違いが

    消えてしまいます。帰依者は、絶えず神を思い神に全託することによって、神自身

    になるのです。ですから、あなたが絶えず神を思うとき、あなたは神の姿そのものに

    なります。そのときあなたは、尽きることのない喜びと平安を体験します。

    私の子供たちよ、幸せでいなさい。あなたのスワミであるサイは、

    いつもあなたの内におり、あなたの周囲にいます。 


    愛を込めて ババ

    (Prema Dhara:Part-2 P10より抜粋)


    神の愛の化身である皆さん! 私は皆さんからから何も期待していません。ただ、あな


    の中に愛を育みなさい。すべての人を兄弟であるという気持ちで見なさい。すべての人を

    神の子であると理解しなさい。だれに対しても、どんな悪意も嫌悪も抱いてはなりません。

    だれの気持ちも傷つけてはなりません。そのような寛大な態度だけがあなたに無限の至

    福を与えてくれるでしょう。あなたがスワミの誕生日を祝っているなら、これが私があなた

    に望むもののすべてです。

    1990年11月23日(65歳の御降誕祭)の御講話より


    どんな宗教も嫌ってはなりません。どの宗教を信じている人も皆、兄弟姉妹のように振る

    舞わなければなりません。そのような気高い理想を実践して、スワミを喜ばせなさい。今

    朝、多くの外国人が「ハッピーバースデー、ハッピーバースデー」と言いました。スワミはい

    つもハッピーです。私は皆さんから幸せを分けてもらう必要はありません。皆さんこそ、幸

    せでいなさい。 幸せとは神との合一です。幸せを望むのであれば、神と結合しなさい。そ

    うすれば、あなたは幸せでいることができます。

    1995年11月23日(70歳の御降誕祭)の御講話より


    愛の化身である皆さん!
     
    もし皆さんの内に愛があれば、人生においてすべてを手に入れることができます。誰を
    も憎んではなりません。これを、皆さんの人生における最大の理想とすべきです。これが
    私から皆さんへのメッセージです。愛は私の唯一の財産です。ここに見える様々な立派
    な建物は、バガヴァンのものではありません。これらはすべて帰依者のものです。バガヴ
    ァンが持っている唯一の財産は、皆さん方全員に対する限りない愛です。皆さんがそれを
    望みさえすれば、バガヴァンは、皆さんに無限の愛を降り注ぎます。バガヴァンは、帰
    依者たちのためであれば、自分の肉体さえも犠牲にする用意ができています。皆さんは、
    幸福に生きて、至福の状態で日々の生活を送りなさい。バガヴァンは皆さんの愛のみを
    望んでいます。皆さんの愛はバガヴァンを幸せにします。バガヴァンの愛は、皆さんにとっ
    ての最大の財産であり、皆さんにとっての幸運です。これは、皆さんにとって、バガヴァン
    からの最大の贈り物です。この貴重な贈り物を大切にしなさい。
    皆さんが、ゆるぎない帰依心を持つことができますように。
    そして、長生きをして、神聖で幸福な人生を送りますように! 皆さん方が、これらのす
    べてに恵まれますように! 皆さんのあらゆる困難が取り除かれますように! 皆さんが、
    混じり気のない純粋な至福を経験しますように!
     

    2000年11月23日 (75歳の御降誕祭)の御講話より


    「A地点からC地点へと旅するためには、B地点を通らなければなりません。霊的な旅路に

    もそれが当てはまります。あなたが必要ないと考えている、いくつかの地点での途中下車も、

    実際には、その旅を完結するためにはどうしても欠くことができません。忍耐力が欠けてい

    るために、直接目的地に到達しようとして、かえって時間を無駄にするようなことをしては

    なりません。なぜなら、それはただ挫折感を生むのみで、あなたはいつまで経ってもA地点

    から先に進めないことになるからです。列車で旅をするとき、あなたは楽な姿勢で座り、時

    折り窓の外を眺めて、列車が走り抜ける自然の美しさを楽しみます。目的地に着くのをあな

    たがどれほど待ち遠しく感じても、列車はみじんも速く走ることはありません。それは、す

    でに機関士が列車の速度を決めているからです。機関士は、最初から最短コースを見極めて

    おり、いつ燃料補給や点検が必要かを知っており、最終目的地に到達する前に、途中で止ま

    らなければいけない駅もすべて分かっています。ですから、どうして心配する必要があるで

    しょう? 神を完全に信頼しなさい。そして、いったん必要経費を支払ってしまった後は、あ

    なたがチケットの持ち主となり、神の愛という確認書によってあなたの座席が予約され、あ

    なたは目的地に到達するのです。…あなたは、私の中で消滅してしまいます」。

     (仮題:『神の御前に生きる』)p.21より


    一部の人には、

    食事を食べてそれを楽しむことは保証されています。

    別な人々には、一回の食事をいただけることすら奇跡です。

    一部の人には、

    快適な素晴らしい家を持っていることは当然のことです。

    別な人々には、時には、寒い雨の日を屋根の下で過ごせるのは奇跡です。

    一部の人には、

    美しい衣装を身にまとうことは当然のことのように受け取られています。

    別な人々には、身体を覆う一枚の小さな布を持って

    人間としての尊厳を守ることができるのは奇跡です。

    それでは、奇跡とは何でしょう?

    自分に尋ねてごらんなさい。私は幸せなのだろうかと。

    皆さん方一人ひとりは、今日、

    数え切れないほどの奇跡に囲まれています。

    生命の奇跡、

    神に包まれている奇跡。

    あなたが持っているもののすべてが奇跡なのです!

    あなたがどんな祝福に恵まれていたとしても、

    どこかの誰かは、

    その同じ祝福を授かってはいないことを覚えておきなさい。

    有難く思いなさい! 感謝しなさい! 満足しなさい!

    寛大でありなさい! 慈悲深くありなさい! 人の役に立ちなさい!

    壊れたレコードのように不満ばかり言うのをやめなさい。

    皆さん方一人ひとりが、

    私の愛という、特別な贈り物によって祝福されているのです。

    あなたの贈り物を見つけなさい。包みを解いて、それを大切にしなさい。


    シーマ デーワン記:『サイ ダルシャン』掘檻苅

    ============================

    本日発売!全国の書店にて取り扱い

    サティア サイババ 御降誕祭 85周年祭記念出版のご案内

    {img_004.jpg}


    「サイババに導かれて」

    神を体験した人々の真実の報告


    サイババに導かれて、心が変容していく奇跡の体験35編を収録。

    この書籍は、皆 様から応募していただきました貴重 な体験談を、2010年11月23日に

    ご降誕85周年をお迎えになるサイババ様にお捧げするために、多くの皆様のご協

    力のもとに完成したものです。様々な帰依者の方々の体験談をお読みになれば、

    きっと霊性の道を歩むみなさまへの力強いメッセージとなり、啓発を与えるものとなるでしょう。

    サイババの真実を伝える奇蹟の書であり、すべての方にご一読をお薦めする一冊です。


    サイ オーガニゼーション各センター&グループ、アマゾン、全国の書店よりご購入いただけます。

    定価:1575円

    出版社:レベル

    ============================

    御降誕祭情報


    プッタパルティでは 11月15日から23日までの9日間、「神聖な愛の祝祭」と名づけら
    れた祝賀行事が盛大に執り行われています。様々なプロの芸術家たちによる素晴らしい
    音楽演奏、集団での結婚の儀式、ラトーツァヴァム(馬車の儀式)、展示会や文化祭の
    他、19日にはインド大統領、プラティバ・パティル女史のご臨席を賜り、レディース デー
    の行事が執り行われました。20日にはシュリ サティヤ サイ オーガニゼーション第9回
    世界大会が開催され、昨日22日にはインド首相マナモハン・シン 氏をご来賓にお迎えし
    て、 第29回サティヤ サイ大学卒業式が行われました。

    そして本日11月23日、大群衆が押し寄せている聖地プッタパルティだけではなく、世
    界中でサイの帰依者たちが、最愛の主、バガヴァン シュリ サティヤ サイババ様の記念
    すべき85歳ご降誕祭をお祝いします。日本でも全国各地で様々な趣向を凝らしたお祝
    いの行事、プログラムが開催される予定です。ガーヤトリー マントラ850の奉納吟唱も行
    われます。ぜひこの機会に、お近くの会場へお越しになり、サイの愛を共に分かち合いま
    しょう。皆様のご参加を心よりお待ちしております。詳細は下記URLをご覧ください。


    http://www.sathyasai.or.jp/event/birth.html

    ============================

    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 

    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3

     
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp

    FAX: 078-222-1885

    ============================

    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから

    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/

    ============================

    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved