日付一覧

  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2010/12/01 09:22:44
    • 【月刊サイメールマガジン】2010年12月号

    ============================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン         ■■
    ■   LOVE ALL SERVE ALL
    □     Sathya Sai Organization Japan
    ■            2010年12月号
    ============================
    (目次)
    |サイの御講話:クリスマスの御講話 「愛を広めなさい」
    |サイの御言葉(Heart2Heartより)
    |SSOJからのお知らせ&活動報告
    |今月のバジャン:「平和の鐘を心に響かそう」
    |サティヤ サイ海外より:「東アフリカでの神の愛」「奇跡の甦り」
    |サイセンター&グループのご紹介:奈良グループ
    |出版物のご案内
    |ラジオ サイ ジャパン:御降誕祭特集
    ────────────────────────────────
    ■ サイの御講話 ■
    ────────────────────────────────
     クリスマスの御講話 「愛を広めなさい」

    あらゆる人間には、気持ちの中に輝く光彩としての愛があります。愛は人生であり、人生は愛です。火にとっては燃やす力が自然であり、水にとっては冷やす力が自然であるほどにも、人間にとって愛は自然な性質です。愛なくしては、人はもはや人ではありません。

    http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19931225.html
    ────────────────────────────────
    ■ サイの御言葉(Heart2Heartより)■
    ────────────────────────────────
    自動車を運転する人は、自分やその他の人々を事故から守ろうとして、道路に集中します。この場合、一点集中へと導くものは恐怖です。変わることのない断固とした愛があれば、あなたの集中は強烈でゆるぎないものになります。信仰は愛へと発展し、愛は集中をもたらします。そのような条件の下では、祈りは成果を生むようになります。御名を神の象徴として用いながら、すべての心の波を静めて祈りなさい。義務の遂行こそが、あなたがこの世に生まれたことを正当化できる唯一のものだと考えなさい。しっかりと神につかまっていなさい。帰依者は決して後退すべきではありません。決して疑いや絶望に負けてはなりません。

    - 1961年11月23日の御講話より
    ────────────────────────────────
    ■ SSOJからのお知らせ&活動報告 ■
    ────────────────────────────────
    ○ 850万回のガーヤトリー マントラ

    8月31日から11月23日の85日間、神様を想う皆さんが心ひとつにして、
    お一人が1日に最低1マラ(108回)を唱える、850万回のガーヤトリーマント
    ラが始まり、900を超えるご家族、グループの皆さんのご参加により、10月
    23日で当初の目標850万回を達成しました。そして、スワミのご降誕祭にはガーヤ
    トリーマントラ約1300万回を捧げることができました。
    これはスワミからの恩寵はいうまでもありませんが、お一人お一人のスワミ
    への愛と、一体性のもたらした結果であると思います。
    これで一区切りはつきましたが、これからも毎日108回のガーヤトリーマントラを唱
    え続け、宇宙を神聖なバイブレーションで満たし、自己の内なる目の力を強め、潜
    在している魂の力を引き出すようにしていきましょう。
      
    ○ サティヤサイババ様ご降誕85周年記念祭 11月23日(火)

    11月23日、私たちは主なる神サイが地上に降臨された日を記念して、全世界、日本各地で各地でお祝いをし、全人類が無私の愛の体現者であられるサイに敬意を表し、感謝を捧げる一日となりました。

    この日、プラシャーンティ ニラヤムでのご降誕祭は、青空のもと満席のヒルビュー スタジアムで行われました。スワミは金色のローブをお召しになり、黄金の馬車に乗ってお見えになりました。外務大臣のMSクリシュナ氏が主賓の挨拶をされました。引き続き、チェンナイの「恵みの水プロジェクト」によって飲料水が得られるようになった市町村の長たちが、スワミに感謝のスピーチをしました。

    そして、この日からタタ財閥の協力により、貧しく学校に通えない村落の子どもたちに、ネットを通じて最高レベルの教育を無料で提供する「ヴィッディヤー ヴァーヒニ プロジェクト」が始まりました。
    また、セヴァにつきましては、年末まで毎日、プッタパルティ周辺の貧困村落に食事を配ることが発表されました。ご降誕際等の詳細は、SSOJホームページをご覧ください。
    http://www.sathyasai.or.jp/front/whatsnew.html

    ○ クリスマス 12月25日(土)

    イエス キリストのお誕生日は、毎年、信愛と熱意をこめて祝われます。神の子であられるイエスキリストは、愛と犠牲のメッセージを世に広めるため、この日に誕生されました。ババ様は、「イエスは、神の愛と無限の慈悲を説いています。これらのものがなければ、人間は決して人間的であるとは言えません」そして、「ただイエスに祈ったり憧れたりするだけでなく、そのメッセージを実践することを、この日あらためて自分自身に誓うべきです」とおっしゃっています。

    一歩でも神の愛と無限の慈悲に近づけますように、神と共に生きることができますように、イエス様のお誕生日を心からお祝いし、イエス様の生き方を手本として、そのメッセージを実践するようにしましょう。

    クリスマスに関するババ様の御言葉は、以下に掲載されています。
    http://www.sathyasai.or.jp/ashram/festival/festivals_india.html

    ○ 2011年 祭事予定 

    2011年のプラシャーンティ ニラヤムの祭事予定は以下となります。尚、SSOJでは少し違う内容、日程の場合もありますので、各センターやグループにお問い合せの上、ご参加ください。
    http://www.sathyasai.org/calendar/2011fest.html
               
    ○ 各センター、グループの行事日程は下記よりご確認ください
    http://www.sathyasai.or.jp/
    ────────────────────────────────
    ■ 今月のバジャン■
    「平和の鐘を心に響かそうー」
    ────────────────────────────────
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201012/bhajan.wma

    平和の鐘を 心に 響かそう
    世界の願いに いま 還ろう
    愛しています 愛してます
    我らの魂 輝くように
    神よ神さま 照らしたまえ
    サイよサイよ 照らしたまえ

    ●バジャンコーディネーターからのメッセージ●

    「みなさんの平和の鐘の音は、どんな音でしょうか。
    やわらかな広がりをもつ音でしょうか。
    力強く響き渡る音でしょうか。
    優しく包み込まれる音でしょうか。
    私たちは、皆、自分自身の中にその音を持っていると思います。
    そして、その音たちは、ただ一つの音に向かっていきます。
    「愛」
    という音です。
    世界中の誰もが愛の音に包まれたいと願っています。

    神さまは私たちに語り続けています。
    「愛しています 愛しています 愛しています」
    私たちは神さまを思い、唱え、祈ります。
    「愛してます 愛してます 愛してます」
    愛は祈りです。
    私は愛になりたい、私たちは愛になりたい。
    愛のみが神さまと私たちを一つにします。
    愛のみが私たちを一つにします。
    愛のみがすべてを照らします。
    サイのみが無限の愛の輝きを教え、導いてくださいます。
    平和の鐘の音は、祈りの音です。
    愛の音、神の音です。
    サイの音、サイの愛そのものです。」
    ────────────────────────────────
    ■ サティヤ サイ海外より ■
    ────────────────────────────────
    ババ様の御降誕85周年を記念して、プッタパルティのサティヤサイ出版協会が発行する月刊誌、「サナータナ サラティ」の11月号は、「帰依者の個人的体験、サイとの旅」という特別を掲載しました。ここでは、その中から、二つご紹介します。

    「東アフリカでの神の愛」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201012/oversea1.html
    「奇跡の甦り」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201012/oversea2.html
    ────────────────────────────────
    ■ サイセンター&グループのご紹介 ■
    ────────────────────────────────
    <今月の紹介:奈良グループ>
    最寄り駅:近鉄奈良駅より徒歩10分、またはJR奈良駅より徒歩15分。

    概要:
    近鉄奈良駅から東向き通り商店街を抜け、猿沢池(さるさわのいけ)を回ったところにある奈良市ならまちセンター3Fの和室にて実施。
    会長のBro.深井は滋賀県在住だが、発足以来8年間、欠かさず毎月1回の奈良グループのバジャン会のために、片道2時間の道のりを、祭壇道具一式を持参して通い続けている。
    月1回の定例会は第1土曜日を基本とし、バジャンとスタディーサークルが行われる。特徴的なのは、日常生活に根ざした素朴なテーマのスタディーサークル。京都、大阪、神戸、遠くは海外からも毎月入れ替わりでメンバーたちが参加し、サイの御教えが実践レベルで学ばれている。

    定例会:毎月第1土曜日 練習13:00〜 バジャン14:00〜
    スタディーサークル15:00〜
    参加者:6名程度

    会長:Bro.深井 体験談
    「オーム サイラム
     すべてのセンター、グループと同様に、奈良グループもサイと一つになれるよう、サイに喜んでいただけるよう、その一点に向かって取り組ませていただいております。私たちは、なかなか御教えを守れなかったり、実行できなかったり、一直線に進んでゆけないかもしれません。しかし、毎月のバジャン会に参加する誰もが、サイを完全に信じ、何があろうとも一歩でもサイに近づいていこうとしています。私は、皆様のそのような姿勢によって新たな勇気を与えられ、更なる霊性修行への意欲をいつも持ち帰らせていただいております。
     バジャン会に参加する全員の方が、新たな勇気と霊性修行の意欲を持ち帰ってくださいますよう祈りつつ、12月に8年目を迎える奈良グループが、9年、10年と着実に、サイに一歩でも近づくことができるような活動を行わせていただけるように祈っております。 ジェイ サイラム 」

    名所:奈良公園、東大寺、興福寺(阿修羅像)他
    ────────────────────────────────
    ■ 出版物のご案内 (サティヤ サイ出版協会) ■
    ────────────────────────────────
    <新刊案内>
    サティヤ サイ ババ様85歳御降誕記念体験談集

    <書籍>
    「サイ ババに導かれて −神を体験した人々の真実の報告」
    発行所:レベル/書店発売:ビレッジプレス

    定価:1,575円(税込)
    発売日:11月23日

    内容:サイ ババに導かれて、心が変容していく奇跡の体験35編を収録。
    この書籍は、皆様から応募していただきました貴重な体験談を本にして、御降誕85周年をお迎えになるサイ ババ様に捧げるために、多くの皆様のご協力のもとに完成したものです。様々な帰依者の体験をお読みになれば、きっと霊性の道を歩む皆様への力強いメッセージと啓発を与えるものとなるでしょう。サイ ババの真実を伝える奇蹟の書であり、すべての方にご一読をお勧めする一冊です。

    ※他出版社からの発行で、Amazonでも発売予定。

    <DVD>
    「インド サーダナキャンプ in プラシャーンティニラヤム」

    定価:400円(税込)
    発売日:11月14日

    内容:2009年のプラシャーンティ ニラヤムでのサーダナ キャンプにおいて日本をはじめとするゾーン5(サティヤ サイ オーガニゼーション世界第五地域)の帰依者がサイ ババに捧げた文化祭とサイ ババのダルシャンの模様が収録されたDVD。

    <CD>
    「ヴェーダ学習用CD −ガーヤトリーマントラ」

    定価:300円(税込)
    発売日:12月中旬

    内容:ガーヤトリーマントラを練習するためのCDです。サイ ババが唱えるガーヤトリー
    マントラを一節ごとに区切り、リピートをかけたもの等が収録されています。

    ※上記DVDとCDは、Amazonでのお取り扱いはございません。
     サティヤ サイ出版協会:ssp@sathyasai.or.jp までご注文ください。

    ────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイ ジャパン ■
    ────────────────────────────────
    2010年12月のサイラジオのプログラムです。
     御降誕祭特集
    1 ありがとうスワミ(バジャン)
    2 スワミご生誕のご様子
    3 アニール クマール教授Q&A 創造主と創造物、神のご意志と人の意志など
    4 御言葉 1996年11月23日 御降誕祭での御講話から 「愛こそすべて」
    5 日本語ニューバジャン
    ラジオ サイ ジャパン(音声(mp3)で聞けます。)
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html
    ============================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ============================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ============================
    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved