日付一覧

  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2011/01/01 10:39:38
    • 【月刊サイメールマガジン】2011年お正月号

    ==========================

    ■■ 月刊サイメールマガジン ■■

    Love All Serve All

    Sathya Sai Organization Japan

    <font color="#FF0000">2011年 お正月号

    ==========================

    {img_005.jpg}


    1994年1月1日・場所:プラシャーンティ ニラヤム元旦の御講話、

    「愛と許しの心を養いなさい」より



    「この元日に、あなた方は、毎日を愛で始め、毎日を愛で過ごし、毎日を愛で満たし、

    毎日を愛で終える決意をすべきです。カースト、信条、肌の色、宗教、国籍による差別

    があってはなりません。愛は一切の差別を知りません。あなた方はすべての人々が幸

    せであるよう願わなければなりません。心を愛で満たしなさい。国家は繁栄し、世界は

    繁栄し、すべての人が幸せになるでしょう。」



    http://www.sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_19940101.html



    ****************



    ババ様のメッセージ、1962年3月6日の御講話より



    「今日、人間は、刀や拳銃や爆弾で暗闇を追い払おうと望みます。しかし、必要なの

    は、ただ明かりをともすことだけです。どうして暗闇によって暗闇を、憎しみによって憎し

    みを、無知を、さらに深くより大きな無知によって追い払うことができるでしょうか? 勝

    利を求める欲望そのものが暗闇を促進します。征服に関する いっさいの思いを手放し

    なさい。真理を知るために尽力しなさい。真理を知ったときは、あなたが大事にしがみ

    ついていた誤った考えは、ひとりでに抜け落ちていきます。識別(ヴィヴェーカ)の光に

    よって、人間の神聖な本質を覆い隠す暗闇が取り除かれます。」



    ****************



    米国在住のシーマ デーワン女史が記録したスワミのメッセージ、

    仮題:『神の御前に生きる』p.24 〜 p.25より



    「あなたは今、弱くなっています。というのも、あなたには自分の日々の務めを果たす

    だけの愛と献身が欠けているからです。弱い心は弱いことしか考えず、弱い考えは弱

    い行動を促すだけです。あなたは、神がすべての力を持っていて、帰依者は無力だと

    思っています。言っておきますが、神自身の力と真の忠実な帰依者の力との間には何

    の区別もありません。帰依者の愛と帰依の涙は、神を帰依者のハートの囚人とし、帰

    依者の召使いにすることさえできます。というのも、帰依者がそれほど純粋な愛で神を

    呼び求めるならば、神は直ちにやって来るからです。神に対する帰依者の愛の純粋さ

    と、帰依者に対する神の愛の純粋さには何の違いもありません。それらは全く同じで

    あって、それぞれが自分の役割を演じ、愛が取ることのできる様々な姿を世界に教え

    ているのです。あなたが持っている力と共に立ち上がりなさい。あなたが立ち上がっ

    て、眠っている神を目覚めさせなさい。あなたはもう、十分眠りました! もう十分苦し

    みました! ああ、私の愛しい人よ! 今、この苦しみを終える時が来たのです。今日こ

    そは、あなたの持てる力のすべてを持って立ち上がる時なのです! あなたに対する

    私の信頼が、私への愛に対するあなたの信頼のランプを灯さなければなりません。私

    はあなたを啓発するために、そして、あなたを車椅子の快適さから引き離すためにやっ

    て来ました。いいえ、あなたは足が萎えているのではありません! あなたは自分がそ

    うだと信じて、そのように振る舞っていますが、あなたの足は萎えていません!私の愛

    しい人よ、立ち上がりなさい! そして、自分自身のカルマの重荷に耐えなさい。あな

    たはすべてを後に残して前進しなければなりません。その力があなたの中にあること

    は、私が保証します。というのも、私は、あなたが見つけるのを待っている、その力に

    他ならないからです。



    人は今日、他の人により少なく与えようとして、絶えず戦っています。あなたが少なく

    与えれば、あなた自身がそれよりもさらに少ないものしか受け取れないことを知らなけ

    ればなりません。あなたは誰がより豊かであるかを競っていますが、答えて下さい、お

    金は本当にあなたを豊かにしますか? もしそうだとすれば、今日私の周囲には、家を

    持たない人々や、何一つ着る物や食べる物を持たない人々のみが集まるはずです。

    でも、そうではありません。金を持っている人々の恐怖は、貧しい人々と同じなので

    す。金持ちの心配は、貧しい人々よりも、さらに大きいのです。今日、皆さん方全員が

    一つのものを探しています。それは本当の愛と平安です。金持ちは愛を買おう、平安を

    買おうとして無駄な努力をしています。一方、貧しい人々は金持ちを妬むことで時間を

    無駄にしています。宇宙の富は、一人ひとりの家庭の中そのものにあります。ところ

    が、皆さん方一人ひとりは、物乞い、強盗、平和の破壊者の習慣を身につけてしまっ

    ています。お金が悪なのではありません。お金の使い方に対するあなたの考え方が悪

    なのです。お金持ちであることが悪なのではありません。物質的富に対するあなたの

    貪欲さが悪なのです。貧しいことは呪いだと受け止められています。言っておきます

    が、あなたは、困窮している人々の家庭の中にこそ、常に神の足跡を見出すことがで

    きるでしょう。それでは、考えて答えて下さい、祝福とは何であり、呪いとは何でしょう
    か?

    私の愛しい人よ、考えて答えて下さい、誰が豊かで、誰が本当に貧しいのでしょうか?」



    ============================


    ■■ 今月のバジャン ■■



    今月はお正月に相応しくガネーシャバジャン「マンガラダーヤカヘイガナナータ」です。

    神戸センターバジャン会のライブ録音です。

    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201101/bhajan.mp3



    Bro.LP チャブラニからのメッセージ



    このバジャンには非常に深い意味があり、私たちの魂を揺さぶります。またこの曲のメ

    ロディーも心の琴線に触れるものです!バジャン会を開始するにふさわしい、吉兆と幸

    運をもたらす素晴らしいバジャンです。



    マンガラ ダーヤカ ヘェ ガナナータ

    (吉兆をお授けくださる ガネーシャ神よ )

    プラナヴァ スワルーパ ヴィグナ ヴィナーシャ

    (聖なるオームの化身 障害を取り除く神よ )

    マンガラ ダーヤカ ヘェ ガナナータ

    (吉兆をお授けくださる ガネーシャ神よ )

    ヘェ シヴァ ナンダナ パーヒ ダヤーラ

    (シヴァ神の愛し子よ 慈悲をもってお守りください)

    パルティプリーシュワラ ジャガッ(ト)パリパーラ

    (プッタパルティの主である 宇宙の守護神よ )

    プラナヴァ スワルーパ ヴィグナ ヴィナーシャ

    (聖なるオームの化身 障害を取り除く神よ )



    マンガラ = 吉兆、幸運

    ダーヤカ = 与える者、授ける者

    ヘェ = おお、ああ(神への呼びかけ)

    ガナナータ = ガネーシャ神の名(ガナス〔シヴァ神の軍隊〕の主)

    プラナヴァ = 原初の音、オーム

    スワルーパ = 化身、顕現

    ヴィグナ ヴィナーシャ = 障害を取り除く者

    シヴァ ナンダナ =シヴァ神の息子

    パーヒ = 守護してください

    ダヤーラ = 慈悲深い方

    パルティプリーシュワラ = プッタパルティの主

    ジャガット = 宇宙、世界
    パリパーラ = 守護者、統治者



    ============================



    ■■ SSOJからのお知らせ&活動報告 ■■



    LOVE AII SERVE ALL, HELP EVER HURT NEVER

    (すべてを愛し、すべてに仕えなさい。常に助け、決して傷つけてはなりません)



    この御言葉は、皆さんもよくご存知のことと思いますが、ババ様の御教えの真髄であ

    り、私たち一人ひとりが常に実践するための原点であると考えます。SSOJでは今年一

    年、このテーマを基に愛と奉仕の実践、活動に取り組んでいくことになりました。どうぞ

    皆さんもご一緒に、さらなる霊性向上、人格向上の一年となりますよう、愛を伝え拡げ

    てまいりましょう。



    「神を愛する一番の方法は、すべてを愛し、すべてに仕えることです。もしあなたがそ

    のような人生を送るのであれば、あなたの行動すべてが神を喜ばせることでしょう。」−ババ 

    「常に助け、決して傷つけてはなりません。これがすべてのヴェーダ、そして聖書、

    バガヴァッド ギーター、コーランといった、あらゆる聖典の神髄です。」− ババ 



    ババ様にクワイヤー(コーラス)を捧げませんか



    5月17日のブッダプールニマにおいて、日本グループが、ババ様にクワイヤーを捧げる

    ことになりました。この素晴らしい機会は大変貴重で、なかなか体験できるものではな

    いと思います。ぜひ、一人でも多くの皆さんが参加され、ババ様の御前でクワイヤーを

    捧げられますようにご案内致します。2月初めから、各センター・グループで練習が始まる予定です。



    10曲以上と、1曲1曲の高いレベルの質が必要であり、かなり練習を積むことになりま

    す。参加される方はもちろんのこと、参加されない方もご一緒にクワイヤーに取り組み

    ましょう。そして、ババ様に喜んで頂きましょう。各センター、グループに日時等をご確

    認の上、多くの方のご参加をおまちしています。詳細は「SSOJホームページ 」にも記

    載して行く予定です。



    ============================



    ■■ サイセンター&グループのご紹介 ■■

    <今月の紹介:鹿児島グループ>



    概要とアクセス:

    鹿児島空港IC料金所より国道504号へ合流し、北上すること約6.5km。左手に見えて

    くる『上床公園入り口』の看板を上り、小高い山の公園の一角にある「溝辺コミニティー

    センター」の2F和室にて定例会を開催。そこは鹿児島県のほぼ中心に位置しており、

    県内より集うのにとても便利。はるか南には錦江湾を一望でき、鹿児島の象徴とも言う

    べき桜島が浮かぶ。風景・夜景ともに、絶景。メンバーたちにとって鹿児島のプッタパ

    ルティでもあるこの会場は、約10年前の鹿児島グループ発足直前に全館リフォームさ

    れた経緯があり、常にスワミの御加護により導かれている。



    定例会:

    第1、第3日曜 13:00〜スタディーサークル (第3日曜のみ14:00〜ヴェーダ練習)

     15:00〜バジャン練習 16:00〜バジャン

    参加者:6〜15名程度 (宮崎県・熊本県南部からも、参加あり)





    会長: Sis.鳥飼(とりがい)

    「甘いお菓子はたくさんあり、色々な形や名前があります。しかし、甘いお菓子は砂糖

    から作られています。それと同じように、あなた方の名前や形は違っていてもアートマ

    (内在の神)はすべて同じであり、一つなのです」とスワミはおっしゃいます。

    グループでの学びを体験していくことで、どのようなことが起こっても、それは私たちを

    霊性向上へと導くものであるということ、そしてそのすべてを解決してくれるものは唯一

    『愛』のみである、というババ様の御教えを体感しております。

    よき仲間とのサットサングは、何ものにも代えがたい財産です。私たちは、スワミから

    すれば幼子のように見えるかもしれません。でも、私たちは人として生まれてきたこの

    類まれな機会を生かし、静かにそして着実に、また確実にスワミに近づいていきたいと
    願っております。



    名所:
    桜島(活火山)、屋久島(世界遺産)、霧島(神話と融合する遥か太古からの歴史と大

    自然が現存する国立公園)



    ============================



    ■■ 書籍のご案内 ■■

    「サイ ババに導かれて −神を体験した人々の真実の報告」

    発行所:レベル/書店発売:ビレッジプレス



    定価:1,575円(税込)

    発売日:2010年11月23日



    内容:サイ ババに導かれて、心が変容していく奇跡の体験35編を収録。

    この書籍は、皆様から応募していただきました貴重な体験談を本にして、御降誕85周

    年をお迎えになるサイ ババ様に捧げるために、多くの皆様のご協力のもとに完成した

    ものです。様々な帰依者の体験をお読みになれば、きっと霊性の道を歩む皆様への力

    強いメッセージと啓発を与えるものとなるでしょう。サイ ババの真実を伝える奇蹟の書

    であり、すべての方にご一読をお勧めする一冊です。



    ※一般書店、Amazonでも発売中



    ============================



    ■■ ラジオサイジャパン配信中の最新プログラム ■■

    関東地区御降誕祭/バガヴァットギーターなど

    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html



    ============================



    ■■ サイラムニュース最新号(136号・2011年1・2月号)のご案内 ■■



    「新年のご挨拶」 SSOJ会長Bro.ダヤル



    2005年マハーシヴァラートリーの御講話(その1)「遍在の神性意識を体験せよ」

    1964年元旦のご講話「ゼーロー(零点の人間)ではなくヒーロー(英雄)になりなさい」

    サットサング:2010年6月7日に神戸で行われたアニルクマール先生のスピーチ(後編)

    特集「追悼Bro.ラム チュガニ」:2010年10月20日に逝去されたBro.ラムチュガニに、世

    界中から寄せられた追悼メッセージをご紹介します。

    特集「ハイチ医療セヴァ」:ハイチ医療セヴァに参加されたDr.細川の体験談

    キーワードに見る御教え: 「ヒーラー」、「クンダリニー」に関する御言葉。

    ギーターヴァヒニ:第11章(その2)「本当のグル、本当の弟子」の第2回です。

    ベジタリアンコーナー: 「ベジおやき」と「フルーツの春巻」のレシピをご紹介します。

    ワカチンナカタ:「神が何かを決意すればそれは起こらざるを得ない」−人身御供という

    究極の自己犠牲を自ら申し出た聖者シュナハシェーパの物語です。

    プラシャーンティ ニラヤムより: 

    インドでもっとも盛大に祝われるお祭り「ディワリ」祭の様子をご紹介します。

    サティヤ サイ国内:多摩グループ5周年記念祭、大阪センター19周年記念祭、

    盛岡の菜食料理教室のレポートです。

    そのほかにSSOJとプラシャーンティニラヤムの2011年度行事予定が掲載されています。



    サイラムニュースは年6回発行です。



    年間購読をされている方には、2011年1・2月号は12月末にお手元に届きます。



    サイラムニュース年間購読申込方法



    購読を希望される方は、郵便局で備え付けの振替用紙を用いて購読料をお支払い下さい。

    購読料 1年間(6冊)2,000円・ 2年間(12冊)4,000円・ 3年間(18冊)6,000円

    ●口座番号 00140−8−41037

    ●加入者名 サティア サイ オーガニゼーション 東京支部

    ※振替用紙の通信欄に、購読される方のご住所・氏名(ふりがな)・電話番号および

    初めての人は「新規」、以前購読した方は「継続」とお書き添えください。



    最初にどのサイ文献を読んだらいいか迷っているご友人・知人に、サイラムニュースを

    オススメしてはいかがでしょうか?読みやすい翻訳のご講話、プラシャーンティニラヤ

    ム(ババ様のアシュラム)の様子、帰依者の体験談、SSOJの活動内容や海外のサイ

    活動の様子など、毎号充実した内容です。A5版の薄い小冊子で持ち歩きにも便利で>
    す。



    ============================

    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン
     

    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3
     

    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp

    FAX: 078-222-1885

    ============================

    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから

    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/

    ============================

    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved