日付一覧

  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2011/04/04 09:46:07
    • 【月刊サイメールマガジン】2011年4月4日臨時便「ソーヌさんからのメッセージ」

    ============================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン         ■■
    ■   LOVE ALL SERVE ALL
    □     Sathya Sai Organization Japan
    ■        2011年4月4日 臨時便「ソーヌさんからのメッセージ」
    ============================
    ソーヌさんが3月末でインドへ帰国されました。
    何か日本のサイの兄弟姉妹にメッセージがあれば・・・とお伺いしたところ、
    個人的なメッセージを言うのは控えたい、とのことでした。
    その代わり、このお話を送って下さいました。

    今、日本で起こっていることは、自然の猛威(神の怒り)のように見えるけれど、
    最も恐ろしい姿の神(ナラシンハ)の怒りをなだめ、それを祝福に変えたのは、
    プラフラーダ少年の純粋な帰依だった、というエピソードを思い出されたそうです。
    ============================
    Media has done its job to create a horror movie of what has happened.
    I think we must learn from the child Prahalad. While reading Purana,
    I came across this incident. When the most ferocious form of Lord appeared,
    which was the last horror movie his father watched, Prahlad was cool and calm
    watching his Lord in that form. After killing Hiranyakashyapu Lord Narsimha was
    very angry and still destroying whatever came in his way. Even gods did not have
    power to approach Him to pacify. There was only Prahlada who was Sthitaprajna
    (stable minded) at that moment. So gods requested Prahalada to do something.
    Prahlad offered a beautiful prayer and Lord was very pleased. He took Prahlad on
    his lap and things became better. Here I see that prayer had the power to change
    the horror movie with a happy ending. Either we can discuss the horror movie or
    we can engage ourselves in following footprints of Prahlad.

    マスコミは、何が起こったかというホラー・ムービー(恐ろしい映画)を創り出す仕事を
    しました。私たちは、幼子プラフラーダから学ばなくてはいけないと思います。プラーナ
    〔古伝説〕を読んでいたとき、私はあるエピソードに遭遇しました。神が最も恐ろしい姿
    〔人獅子のナラシンハ〕として現れたとき、それは、プラフラーダの父親〔ヒラニヤカシ
    プ〕が見た、最期の恐ろしい映画でした。一方、プラフラーダは冷静に、穏やかに、そ
    の神の恐ろしい姿を眺めました。ヒラニヤカシプを滅ぼした後も、ナラシンハ神はおおい
    に怒り狂い、そこら辺にあるものを叩き壊していました。神々でさえ、ナラシンハをなだ
    めるために近寄る力を持ち合わせていませんでした。そのとき、シュティタプラグニャー
    (不動の心を持つ人)であったのは、プラフラーダただ一人だったのです。

    そこで、神々はプラフラーダに何とかしてほしいと頼みました。プラフラーダは素晴らし
    いお祈りを捧げ、ナラシンハ神はそれをとても喜びました。神はプラフラーダをその膝に
    抱き上げ、状況はすっかり改善しました。ここに、私はホラームービー(恐ろしい映画)
    をハッピー・エンディング(幸せな結末)に変える力を持った祈りを見出します。ホラーム
    ービーを議論するか、あるいはプラフラーダの足跡をたどるか、私たちには、そのどちら
    の選択も可能なのです。

    ※プラフラーダ:ヴィシュヌ神をナラシンハ(人獅子)として化身させた偉大な少年。
    羅刹の息子に生まれたにもかかわらず、いつも「オーム ナモー ナーラーヤナ」
    (ナーラーヤナ神に帰命し奉る)というマントラを真心こめて唱え続けた。そのお蔭で、
    父親のヒラニヤカシプが仕掛けた恐ろしい拷問にあいながらも、一切から救われた。

    ============================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ============================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ============================
    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved