日付一覧

  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2011/11/01 08:21:49
    • 【月刊サイメールマガジン】2011年11月号

    ============================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン         ■■
    ■   LOVE ALL SERVE ALL
    □     Sathya Sai Organization Japan
    ■            2011年11月号
    ============================
    ■ 今月のババ様の御講話  ■ 

    ババ様は、今回の化身としての生涯は三期から成り、主に最初の16年間は子どもとしての神聖遊戯(バーラリーラー)、次の16年間は奇跡(マヒマー)の顕示、その後は、人類を教化して世界を真理・正義・平安・愛の道に沿って導く霊的指導(ウパデーシャ)を行うことを宣言なさり、それを果たしてこられました。今月は、ババ様がいよいよ本格的に化身としての使命に着手し始めた第三期初期の記念すべき御講話を二つご紹介いたします。

    1)第1回ヴェーダプルシャ・サプターハ・グニャーナ・ヤグニャ(世界平和のための7日供犠)連続講話 第1話 「ダルマの根」
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19621001.html

    2)第1回SSO全インド大会 「サティヤ・サイ・セヴァ」
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19670421.html
    ────────────────────────────────
    ■ ババ様の珠玉の御言葉(Heart2Heartより) ■
    ────────────────────────────────
    この世界には、プレーマ、すなわち「純粋な無私の愛」以上に大きな力はありません。グニャーナ(知識)、カルマ(行為)等々、バガヴァッド ギーターに書かれているすべてのヨーガ (道)は、バクティ ヨーガ(神に対する純粋な愛)の中に含まれています。これ以上のものはありません。一つひとつ、すべてのヨーガは、「無私」という要素を含んでいます。しかし、愛のヨーガは、利己主義をはじめとするあらゆる不純さを離れています。今日の世界に混沌と対立と混乱が蔓延しているのは、そうした無私の愛がないというただ一つの理由によるものです。人類の幸せに関心のある人は、この真の愛の原理を実践するべきです。- 1995年5月6日の御講話より

    愛こそは、最もかたくなな心をも溶かす最高の溶剤です。 - ババ
    ────────────────────────────────
    ■ SSOJからのお知らせ&活動報告 ■ 
    ────────────────────────────────
    〇 グローバル アカンダ バジャン 11月12日(土)午後6時〜11月13日(日)午後6時

    11月の第2土曜日から日曜日にかけて世界中のサティヤ・サイ・センター、
    グループで、全人類の平安・調和・至福への祈りをこめた24時間連続バジャン
    (神の栄光を歌うこと)が行われます。多くの人数で共に歌うことはたいへん
    重要だとババ様はおっしゃいます。これは、今の時代〔カリユガ〕において
    最も簡単に神に至る道なのです。絶えず神を想い、バジャンを歌い続け、
    世界中に、スワミの愛を拡げましょう。各センター・グループに日時等ご確認の上、
    多くの方のご参加をお待ちしています。グローバル アカンダ バジャンに関する詳細内容は、「SSOJホームページ → アシュラムインフォメーション →
    インドの年間行事−お祭り解説」をご参照ください。
        
    〇 レディ−スデイ(女性の日) 11月19日(土)

    1995年より、毎年11月19日は女性の日として祝われています。バガヴァン
    はいつも、女性の偉大さと母親としての理想を強調され、人々や国家の性質を形成するのに女性がどれほど重要な役割を担っているかを説かれます。
    優しさ、思いやり、謙虚さという女性の特性を生かし、スワミの御教えをもとに、家庭や社会の中での調和と愛と平安を分かち合えますように、スワミにお祈りを
    捧げましょう。レディースデイに関する詳細内容は、「SSOJホームページ →
    アシュラムインフォメーション → インドの年間行事−お祭り解説」をご参照
    ください。

    〇 サティヤ サイババ様 ご降誕86周年記念祭 11月23日(水)

    11月23日、私たちは主なる神サイが地上に降臨された日を記念して、お祝いをします。この日
    は、全人類が無私の愛の体現者であられるサイに敬意を表す機会で、全世界中でお祝いされま
    す。日本でも各センター・グループで記念祭を行いますので、ご一緒にサイに感謝を捧げましょう。最寄りのセンター・グループに日時等ご確認の上、多くの方のご参加をお待ちしています。ご降
    誕祭に関する詳細内容は、「SSOJホームページ → アシュラムインフォメーション → インドの
    年間行事−お祭り解説」をご参照ください。

    東日本大震災から7か月が過ぎましたが、まだ被災され、避難所・仮設 住宅での生活を余儀なくされている方々、放射能の拡散のために避難されている方々が大勢いらっしゃいます。私たちにできることは何か、今一度見直し、愛の実践セヴァを継続して行っていきましょう。そして、被災者の方々が一日も早く平安な生活に戻られますよう、引き続きお祈りを捧げていきましょう。

    Your Life is My Message” - Baba

    Love All Serve All Help Ever Hurt Never

    みんな幸せになりますように !
    ────────────────────────────────
    ■ 海外トピックス ■ 
    ────────────────────────────────
    スワミの卓越した帰依者であり、「奇跡の学校」と呼ばれたアフリカの
    サティヤ・サイ・スクールの校長でもあったヴィクター・カヌー氏が、
    9月3日に神の元へ旅立たれました。オガダ神父による追悼の賛辞をご紹介いたします。http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201111/topic.html
    ────────────────────────────────
    ■ The Study of Sathya Sai 「全能の教師」 ■ 
    ────────────────────────────────
    サイ大学ブリンダーヴァン校の教授、ラヴィ・クマール博士が、
    1996年にスワミの御前でなさったスピーチをご紹介いたします。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201111/speech.html
    ────────────────────────────────
    ■ センター&グループのご紹介<今月の紹介:京都センター> ■ 
    ────────────────────────────────
    http://www.sathyasai.or.jp/kyoto/

    【最寄駅】京阪電鉄 神宮丸太町駅 徒歩20分
      京都地下鉄 烏丸線 丸太町駅
     市バス93-204系統「岡崎神社前」
        市バス  JR京都駅 5系統(岩倉行き)「東天王町」

    【概要】
    「ホテル平安の森 京都」裏手の駐車場敷地内、2階建てのビルの1Fにある常設会場にて実施。
    京都センターのある岡崎地区は、全世界的に有名な平安神宮や、名所である哲学の道にとても近く、隣接する岡崎神社を始めとする神社仏閣に囲まれた緑豊な地である。
    窓を開け放つと、明るい日差しと京都東山の大文字山からの爽やかな風がそよぎ、祭壇に向かう私たちをいつも幸せで落ち着いた気分にさせてくれる。
    10年前の京都センター常設会場の開所式の際には、建物の上に虹が立つという奇跡を頂いた。そのときの光景は写真に収められ、京都センターの掲示板で確認することができる。
    スワミからの多くの恩寵、そして御導きを頂いている京都センターは、グループ発足時から数えて、今年の10月で15周年を迎える。

     定例バジャン:第1・3日曜日、第4土曜日5〜10名
     ナーラーヤナ セヴァ:第4土曜日 5〜7名

    会長:Bro.中谷
     2児の父であり会社員。サイセンターと上高地が大好きな登山愛好家。バジャンを歌いながら手拍子が出来るようにしてくれた皆さんにいつも感謝している。

    会長からのメッセージ:
    京都センターの入り口を入ると、いつものメンバーが温かく迎えてくれ、自分の家に帰ったような気持ちにさせられます。
    祭壇に向かうとスワミの写真がいつもと変わらず微笑えんでおられ、ごく自然と手を合わせています。
    京都センター自慢(!)のキッチンは、元々はホテルの従業員寮の厨房であったため、広さだけでなく、その設備と機能は大変充実しています。このキッチンのお陰で、ナーラーヤナさんに大好評の京都センター名物の野菜カレーを効率よく作ることができています。ここは、メンバーの皆が無心になって神の道具になることができる、とても貴重な場所でもあります。
    京都のナーラーヤナ セヴァやバジャン会には、遠く福井県、滋賀県、奈良県からも、多くのメンバーが通って来てくださいます。そして最近は、サイのハイスクールを卒業されたインドの青年も参加され、バジャンではいつもタンバリンを叩いてくれています。
    京都に来られた時は、是非お気軽にセンターにお立ち寄りください。

    名所:平安神宮、銀閣寺、哲学の道、南禅寺、加茂川の散歩
    ※センター長のお勧めスポット:
    南禅寺の大きな三門が切り取った四季折々の庭の風景
    ────────────────────────────────
    ■ 今月のバジャン (アカンダ ジョーティ ジャラーオー)■ 
    ────────────────────────────────
    アカンダ ジョーティ ジャラーオー サイ マナ マンディル メー
    (サイよ、私の心の寺院に 絶え間ない光を灯してください)
    アカンダ ジョーティ ジャラーオー
    (永遠に輝く 至高の光を灯してください)
    コーティ スーリヤ サマ テージャ スワルーパ
    (あなたは一千万の太陽のような輝きをもつ 光の化身です)
    サイ トゥマ ホー ディヴィヤ スワルーパ
    (おお サイ、あなたは神の化身です)
    アカンダ ジョーティ ジャラーオー アカンダ ジョーティ ジャラーオー
    (永遠に輝く 至高の光を灯してください)
    ディヴィヤ ジョーティ  ギャーナ ジョーティ プレーマ ジョーティ ジャラーオー
    (神の光、英知の光、愛の光を灯してください)
    アカンダ ジョーティ ジャラーオー  ×2
    (永遠に輝く 至高の光を灯してください)

    アカンダ= 絶え間ない、永遠の   ジョーティ=光、至高の魂の光  
    ジャラーオー=灯す   マナ=心    マンディル=寺院、神殿 
    コーティ= 一千万    スーリヤ=太陽    サマ=同等の
    テージャ=光輝   スワルーパ=姿   トゥマ ホー=あなたは
    ディヴィヤ=神  ギャーナ(グニャーナ)=英知  プレーマ=愛

    ※ヒンディーの音源は下記URLから試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201111/Akhandajyothijalao.mp3

    絶えない灯 心にともそう
    心に築いた 神殿に
    きらめき輝く神の光  ×2
    サイ あなたは神の化身
    絶えない灯 心にともそう
    神の光 英知の光 愛の光をともそう
    絶えない灯 心にともそう

    ※日本語バジャンの音源は下記URLから試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201111/Taenaitomoshibi.mp3
    ────────────────────────────────
    ■ 出版物のご案内(サティヤ サイ出版協会) ■ 
    ────────────────────────────────
    <新刊のご案内>

    ★書籍「シュリ サティヤ サイ ババ 2009-2010年講話集」★

    サティヤ サイ ババ述
    小栗知加子編/サティヤ サイ出版協会訳

    価格:1680円(税込)
    発売日:11月23日

    内容:サティヤ サイ アヴァターとしての最後の講話集となる、ババ様のラストメッセージ集。
    ババ様が肉体を去られるまでの御講話を通して読むことで、ババ様が私たち人類に伝えたかったことが明らかになるでしょう。

    ご購入は、以下のAmazonで発売日間近にご予約可能となります。
    http://amazon.jp/dp/4916138732

    ★スピリチュアル2012(手帳)発売★

    皆様に、毎年ご好評をいただいている、「スピリチュアル2012(手帳)」が発売となりました。
    定価:1,450円(税込)
    表紙の色:「オレンジ」「青」

    ご注文の方は、以下のスピリチュアルご注文専用窓口に、メールかFAXにて必要事項をご記入いただき、お申し込みください。
    ※お支払いは送料を加算しての代金引換のみとなります。また、他の書籍等はいっさい注文できませんのでお気を付けください。

    ご予約受付窓口
    Eメール spiritualssoj-2012@yahoo.co.jp
    FAX  03-4579-0308
    ※売り切れ次第販売終了となりますので、お早めにご注文ください。

    必要事項
    <ご予約者>
    氏名:
    住所:
    電話番号:

    <送り先>
    氏名:
    住所:
    電話番号:
    ※ご予約者と同一の場合は未記入で結構です。

    <注文数>
    表紙 オレンジ:  冊
    表紙 青:  冊

    手帳の表紙サンプルや詳細情報は、以下のアドレスで確認することができます。
    http://sathyasai.or.jp/spnote/index.html
    ────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイ ジャパンのご案内 ■ 
    ────────────────────────────────
    1 ガネーシャチャトゥルティ(東京センター)報告
    2 1967年 ナヴァラートリーご講話 「リングの虎」
    3 1992年 ダセラ祭 ご講話 「本物の帰依者」
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html
    ============================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ============================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ============================
    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved