日付一覧

  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2012/05/01 08:30:04
    • 【月刊サイメールマガジン】2012年5月号

    ============================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン         ■■
    ■   LOVE ALL SERVE ALL
    □     Sathya Sai Organization Japan
    ■            2012年5月号
    ============================
    ■ 今月のババ様の御講話  ■ 

    ババはしばしば御講話で、シャンカラの生涯や、シャンカラの説いた不二一元論
    (アドワイタ)について詳しく話してくださいました。それを受けて、2009年、日本
    のユースがババの御前で「シャンカラ」の劇を捧げた際には、ババ様はたいへん
    お喜びになり、たくさんの祝福を与えてくださいました。今月は、1963年のシャンカラ
    の生誕祭におけるババの御講話をご紹介いたします。
    「シャンカラの不二一元論」
    http://sathyasai.or.jp/d/d_19630428.html
    ────────────────────────────────
    ■ SSOJからのお知らせ&活動報告 ■ 
    ────────────────────────────────
    サイラムニュースにも掲載されていますが、今月は、各地で開催されますセミナー等の
    今後の予定をお知らせします。ご自身の霊的向上の一助になるかと思いますので、
    ひとりでも多くの方のご参加をお待ちしています。詳細は、各センター・グループに
    お尋ねになるか、SSOJホームページをご覧ください。

    ○ 5月20日 関東合同セヴァワークショップ  東京サイセンタ−
    サイセヴァの意義、実践的セヴァ、避難訓練・救命救急について、ご一緒に考えてみ
    ませんか。スワミは、霊性向上において、セヴァの大切さをいつも私たちに教えておられ
    ました。もう一度、原点に返り、スワミの御教えを学びましょう。

    ○ 6月23日・24日 第16回北海道合同サーダナキャンプ 札幌センター
    サイ大学卒業生のBro.サイスマラニを迎えて、バジャン・ヴェ−ダセミナーを
    開催します。Bro.サイスマラニは、学生時代にスワミの御前で、バジャンを捧げられて
    いました。スワミとの貴重な体験談もお話ししていただけると思います。

    ○ 6月24日 北陸地域奉仕セミナー 石川県立音楽堂
    サイセヴァの意義、防災・救命救急、今後のセヴァについて、ご一緒に学びましょう。

    ○ 7月14日・15日 関西ヴェーダ・バジャンセミナー 神戸センター
    14日には、Bro.ラーマンさんBro.ソーヌさんを講師としてヴェーダセミナー、
    15日には、Bro.サイスマラニさんを講師として、バジャンセミナーを行います。

    ○ 7月25日・26日 第4回バルヴィカスサーダナキャンプ 東京センター
    0歳〜18歳の帰依者の子供さんと保護者の方を対象に、バジャンを中心とした、神の
    御名の力を体験するプログラムを予定しています。

    ────────────────────────────────
    ■ ある無神論者の体験談 その 屬笋辰藩茲燭」 ■ 
    ────────────────────────────────
    私と家内は旅行から帰ってみると、自分でも知らない内に完全なベジタリアンになっ
    てしまっていた。旅行で見聞きしてきた不思議な出来事や奇跡が自分にも起きたので
    ある。旅行で同室になったF氏からもらった『理性のゆらぎ』は、帰国後、早速読んだ。
    読みながら先の旅行を想い出し、ある部分では「そうだそうだ」とうなずきながら追体験
    していた。

    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201205/experience.html
    ────────────────────────────────
    ■ Dr.ナレンドラ・レッディー博士のスピーチの報告 ■ 
    ────────────────────────────────
    先日、ナレンドラ・レッディー博士が神戸センターでスピーチをされました。日本語への
    通訳を、メモを取りながら聞き入りましたが、その中でとても心に響いた言葉がありま
    したので、その要約をここにご紹介させていただきます。このスピーチは、3月31日(土
    曜日)のコーディネーターミーティングの中で博士がお話しされたものです。

    「帰依者としてまた役員として守るべき4つの原則」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201205/report.html
    ────────────────────────────────
    ■ センター&グループのご紹介 ■ 
    ────────────────────────────────
    <今月の紹介:川崎グループ>
    http://www.sathyasai.or.jp/kawasaki/

    最寄り駅: JR 川崎 徒歩5分

    概要:
    JR川崎の改札を出て右方向、ショッピングモールLAZONAを右向かいに、左へミュー
    ザ川崎シンフォニーホールの方面へ向かう。ホールを右手に左側の道を更に真っ直ぐ
    進み、住宅街の陸橋を渡る。(駅から地続きの陸橋)「ユリウス塾」を右手向かいに、左
    へ。正面にエレベータ、更に右へ。向かいにピンクベージュの住宅の玄関、アーベイン
    ビオ川崎があるが、その先の黒い門からアーベインビオの集会場に入る。集会場は入
    って右側。


    定例会:
    第4土曜:16:00-19:00
     英語スタディーサークル、バジャン、ヴェーダ練習、英語バルヴィカス、バジャン
    第2土曜:17:00-19:00
    英語スタディーサークル、ショートバジャン、ナラヤナセヴァ
     (第2土曜日はショートバジャンで場所も駅から遠いので、参加の方は御連絡下さい。)

    会長:Sis.中島

    会長からのメッセージ:
    川崎バジャンは関東での「小さなインド」を感じることが出来ます。小さな子供から年配
    の方まで、家族全員で宗教を問わず神様に帰依する姿は素晴らしいものです。ただと
    ても賑やかなので大変な部分もありますが、バジャンになると心が一つに皆歌いま
    す。子供達も生まれる前からお母さんのお腹の中でバジャンに参加しているので、生
    まれてからもバジャンやスワミの写真にはストレートに反応します。バジャンがとても好
    きなグループです。ぜひご参加ください。お待ちしております。

    名所:川崎大師、ミューザ川崎シンフォニーホール、LAZONA、BEショッピングモール
    ────────────────────────────────
    ■ 今月のバジャン ( サーイ ナータ バガヴァーン )■ 
    ────────────────────────────────
    Sai Natha Bhagavan Sai Natha Bhagavan
    Sathyam Shivam Sundaram Sai Natha Bgagavan
    Buddham Sharanam Gacchami
    Dharmam Sharanam Gacchami
    Sangam Sharanam Gacchami
    Sathya Sayeesha Sharanam Gacchami

    サーイ ナータ バガヴァーン サーイ ナータ バガヴァーン
    (至高の神である我らの主、サイ ババに祈ります)
    サッティヤム シヴァム スンダラム サーイ ナータ バガヴァーン
    (真、善、美、そのものである至高の神、サイ ババ)
    ブッダム シャラナム ガッチャーミ
    (理知に帰依全託します)
    ダルマム シャラナム ガッチャーミ
    (正義に帰依全託します)
    サンガム シャラナム ガッチャーミ
    (社会に帰依全託します)
    サッティヤ サーイシャ シャラナム ガッチャーミ
    (尊神サティヤ サイに帰依全託します)

    サーイ(サイ)=サイ ババ  ナータ=主 
    バガヴァーン(バガヴァン)=尊神、至高の神
    サッティヤム(サティヤム)=真理  シヴァム=善  スンダラム=美  
    ブッダム=理知、知性(仏)  ダルマム=正義、正しい行い(法)
    サンガム=集まり、社会(僧)  シャラナム=神に帰依全託すること
    ガッチャーミ=私を護りたまえ  サーイシャ=サイ神

    ※下記のURLから音源を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201205/bhajan.mp3

    ★このバジャンに出てくる「ブッダム シャラナム ガッチャーミ」「ダルマム シャラナム ガ
    ッチャーミ」「サンガム シャラナム ガッチャーミ」は、仏教でいう「三宝」、すなわち「仏」
    「法」「僧」に帰依全託するという意味の祈りです。聖徳太子が十七条憲法の中で「篤
    く三宝を敬え、三宝とは仏、法、僧なり」と綴ったように、日本では古くから三宝が大切
    にされています。
    ────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイ ジャパンのご案内 ■ 
    ────────────────────────────────
    ラジオサイジャパン 4月 マハーサマーディ特集

    .泪蓮璽汽沺璽妊 メッセージ SSOJ代表世話人 Bro.ダヤル・サムナニ
    ▲淵譽鵐疋蕁Ε譽奪妊ー博士 講演
    F本応援ソング「Hold On Nihon がんばろう日本」 アメリカのサイセンター有志から
    づ貽本大震災追悼バジャン会 報告
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html
    ============================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ============================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ============================
    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved