日付一覧

  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/10/14 08:41:04
    • 【月刊サイメールマガジン】からのお知らせ便

    ============================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン         ■■
    ■   LOVE ALL SERVE ALL
    □     Sathya Sai Organization Japan
    ■            2013年10月14日 お知らせ便 
    ============================
    本日、ダシャラ―祭の日より、
    メールマガジンH2H(Hert to Hert)の配信が開始されます。
    ご希望の方は、SSOJホームページより登録してください。
    変更、解除も自動で行えます。
    http://www.sathyasai.or.jp/h2h/

    このメールマガジンは、毎日、プラシャンティーニラヤムから発信されている、
    サイの御言葉を日本語に訳したものです。

    (サンプル)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    サイの御言葉

    愛を込めたサイラムとプラシャーンティ ニラヤムからのご挨拶を申し上げます。

    2013年10月10日

    この世の苦痛や楽しみに影響されないでいるためには、どのように日々の活動を遂
    行すればよいのでしょうか? バガヴァンは次のように説明していらっしゃいます。

    物質主義の世の中に住んでいる人にとって、官能的な楽しみは非常に大きな喜びで
    す。しかしながら、感覚そのものが一時的なものであるために、それは一時的な楽し
    みしかもたらすことができません。黄疸を患っている人には、あらゆるものが黄色く
    見えて、何を食べても苦く感じられます。同様に、病気と背中合わせの諸感覚も、真
    の幸せを授けることはできません。欲望を持たない人は一人も存在せず、また、この
    世の中で欲望を持たずに暮らすことは困難であるために、クリシュナ神は素晴らしい
    解決策を提示しました。彼は、「行為の成果に目を向けることなく、すべての行為を
    神が喜ぶように行いなさい」と言いました。義務を尊重して、すべての行為を神に捧
    げなさい。すべての行為を、間違いなくあなたの良心が満足するように行いなさい。
    そうすれば、あなたのハートは一切の穢(けが)れから解放されるでしょう。そのよう
    な行為は、欲望に穢されていない無私(アナペークシャ)の行為になる資格がありま
    す。

    - 1997年10月10日の御講話より

    真の人間とは、真理と義務と帰依と規律を守るという崇高な特質を備えた人のことです。− ババ

    ********************

    Sai Inspires

    Loving Sairam and Greetings from Prasanthi Nilayam.

    10 Oct, 2013

    How should we execute our daily actions so as to not be affected by the pain and pleasure of the world? Bhagawan explains to us today.

    For a person living in the materialistic world, the sensual pleasures are a source of extreme delight. However, the senses themselves are temporary, and hence grant only transitory joy. To a person suffering from jaundice, everything looks yellow and tastes bitter. So too senses fraught with illness cannot give true happiness. As there is no person without desire, and it is difficult to live without desire in this world, Lord Krishna came out with an excellent solution. He said, “Perform all actions for the pleasure of the Lord without an eye on the fruits of the action.” Pay your respect to duty and dedicate all actions to the Divine. Ensure you do all actions to the satisfaction of your conscience and then your heart is free from all blemishes. Such an action qualifies to become an act of Anapeksha, not tainted by desire.

    - Divine Discourse, Oct 10, 1997.

    A true human being is one who has the noble qualities of adherence to truth, duty, devotion and discipline. - Baba

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ============================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ============================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ============================
    (C) Copyright 2010 Sathya Sai Organization Japan All right reserved