日付一覧

  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/12/01 08:15:51
    • 【月刊サイメールマガジン】2013年12月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■    
        LOVE ALL SERVE ALL
        Sathya Sai Organization Japan 
        2013年 12月号 
    ==================================
    ■ 今月のババ様の御講話  ■ 

     ババ様は帰依者が創作して演じる劇をたいそうお喜びになり、私たち日本人も、バ
    バ様に劇を奉納する機会を賜り、この上ない歓喜に浸るという恩寵を何度も得ること
    ができました。今月は、ババ様が特に劇の作家と俳優に向けてお話しになった、大
    変めずらしい御講話を紹介いたします。

    1964年12月5日の御講話 「演技者と演技」
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19641205.html

    ──────────────────────────────────
    ■  SSOJからのお知らせ  ■
    ──────────────────────────────────
     2013年も、いよいよ終わりの月となりました。
    皆様にとりまして、この一年はどのような年だったでしょうか? 家庭や職場や社会
    の中で、「マイ ダルマ」を実践することができたでしょうか? 新年を迎えるにあた
    り、今月はこの一年を振り返る月としたいものです。

    〇 12月25日 クリスマス イエス キリスト様ご生誕祭

     12月25日は、イエス キリスト様のご生誕をお祝いする「クリスマス」祭が世界各地
    で開催されます。日本の各センター・グループでも、バジャンやスピーチなどのプロ
    グラムを通して、イエス キリスト様のお誕生日をお祝いしますので、どうぞお越しくだ
    さい。詳細はSSOJホームページをご覧ください。

     ババ様は、「イエスは神の愛と無限の慈悲を説いています。これらのものがなけれ
    ば、人間は決して人間的であるとは言えません」と言われ、また「イエスは、神の愛
    を広め、神の愛を捧げ、神の愛を受け、神の愛として生きることだけを喜びとしまし
    た」とも言われています。一歩でも神の愛と無限の慈悲に近づけますように、神と共
    に生きることができますように、イエス様のお誕生日を心からお祝いし、イエス様の
    生き方を手本として、愛を実践するように努めたいものです。

     それでは、ババ様の愛と平安に満たされた良き新春をお迎え下さい。来年も神と
    共に生きる平安な日々でありますように、そして、私たち一人ひとりが更なる変容を
    遂げることができますように、ババ様の恩寵をお祈りいたします。

    ──────────────────────────────────
    ■ 海外記事 ■
    ──────────────────────────────────
     バガヴァンの大学の元学生であったラビン・クマール・ディヤーリ氏の体験談
    『サナータナ・サーラティ』1998年4月号よりの抜粋です。

    「スワミはラックの上に巻かれて置いてあった鹿の皮を指差し、学生の一人に『この
    鹿の皮をヒマラヤに持っていって、そこで苦行をしなさい』とおっしゃいました。しばら
    くの間、その学生は途方に暮れていました。」

    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201312/oversea.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ Sis.カヴィタ チャブラニの体験談 (2013年11月23日 御降誕祭のスピーチ) ■
    ──────────────────────────────────
     9分ぐらい走ったところで、突然一筋の強い光線が私たちに向かって照らされ、キー
    キーという金切り音がした途端、大きな衝突音が響きました。突然リキシャが横転し、
    私はリキシャから落ちて、シートから道に投げ出され、頭を地面に強くぶつけてしまいま
    した。背中も強く打ち、肩甲骨は、地面にお皿が落ちて割れるようにひびが入りました。
    私の腕は打撲傷を負いました。私は完全にたたき出されて、いつのまにか暗闇の静寂
    の中に漂いました。主人が「サイラム、サイラム」という叫び声をあげていたのを聞いた
    あと、私は意識を失いました。

    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201312/experience.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月のバジャン (アッラー ホー アクバル) ■
    ──────────────────────────────────
    Allah Ho Akbar Allah Ho Akbar Allah Ho Akbar
    Yesu Pita Prabhu Allah Ho Akbar Shirdi Sai Parti Sai Tumho
    Guru Nanakji Ki Tumho
    Zorashtra Mahavir Tumho
    Yesu Pita Prabhu Tumho
    (Sai)Allah Ho Akbar Tumho

    アッラー ホー アクバル ×3
    イエーシュ ピター プラブ アッラー ホー アクバル
    シルディ サイ パルティ サイ トゥマホー
    グル ナーナクジーキ トゥマホー
    ゾーラーシュトラ マハーヴィーラ トゥマホー
    イエーシュ ピター プラブ トゥマホー
    (サイ)アッラー ホー アクバル トゥマホー

    アッラーは偉大です
    あなたはイエスであり、父なる神、偉大なアッラー、
        シルディのサイ ババ、パルティのサイ ババです
    あなたはゾロアスターであり、マハーヴィーラです
    あなたはイエスであり、父なる神です
    (サイ)、あなたは偉大な神、アッラーです

    アッラー= イスラム教の無形の神
    ホー=〜です
    アクバル=偉大な
    イエーシュ=イエス
    ピター=父   
    プラブ=主なる神
    トゥマホー= あなたは〜です
    グル=霊性の師
    ナーナクジー=ナーナク師  
    ゾーラーシュトラ= ゾロアスター教の創始者
    マハーヴィーラ= ジャイナ教の創始者

    ※下記のURLから音源を試聴できます
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201312/bhajan.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイ ジャパンのご案内 ■ 
    ──────────────────────────────────
    ラジオ サイ11月分 (88周年御降誕特別プログラムーバジャン)
    SSOJ事務局だより
    ▲ーヤトリーマントラ
    F本語バジャン 9曲
    1.真理の風を受け 2.広い広いこの空は 3.ヴィタラ ヴィタラ サイ ヴィタラ
    4.あなたから私に注がれる愛は 5.パトゥリに生まれたシルディサイ 6.ラーマ 
    サイ ラーマ 7.澄みし心に映るのは 8.おおサイ おおサイ おおサイババ 9.
    サイ ナーラーヤナ 内なる神
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2013 Sathya Sai Organization Japan All right reserveded