日付一覧

  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2015/06/01 09:01:55
    • 【月刊サイメールマガジン】2015年6月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■    
    Sathya Sai International Organization Japan 
    2015年 6月号 
    ==================================
    ■ 今月のババ様の御講話  ■ 

     バーラタ〔インド〕であれ、他のどこの国であれ、国家の安全は正しい態度を促すこ
    とにかかっています。誰が友人で、誰が敵ですか? 私たちの善い思考が私たちの
    友人です。私たちの悪い思考は影のように私たちにつきまといます。私たちの思考
    が浄化されれば、私たちの生活は理想的なものへと変容します。

    1991年 2月 13日
    マハーシヴァラートリの御講話より
    「危惧すべき世界規模の災害はない」
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19910213.html

    ──────────────────────────────────
    ■ ブッダプールニマー クワイアーのご報告 ■
    ──────────────────────────────────
     ゴールデンウィークの連休中に、私たち約50名はブッダプールニマー祭に参加す
    るため、プッタパルティのアシュラムを訪れるという祝福を頂きました。
    SSIOJ会長 ダヤル サムナニ
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201506/information.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────

    〇 9月21日(月) 22日(火) 「全国サーダナキャンプ」

    1月に概要をご案内致しましたが、今年はご承知のように、ババ様ご生誕90周年、
    SSIOJ創立40周年という記念すべき年であり、その行事の一つとして、「全国サーダ
    ナキャンプ」を以下のように開催致します。2日間、素晴らしい自然環境の中で自己
    を見つめ直し、真の自己に気づく霊的な時間を過ごす機会としたいと思います。多く
    の皆様のご参加をお待ちしております。

    ・日 時:  平成27年9月21日(月)・22日(火)
    ・場 所:  「白浜荘」 滋賀県高島市安曇川町下小川2300-1
     琵琶湖の北側です。白浜荘の詳細は以下のアドレスをご覧ください。
     http://www.shirahamaso.co.jp/
    ・テーマ: 愛は源、愛は道、愛はゴール(内なる神へ向かう旅)

    なお、プログラム等の詳細は、決定次第、随時ご案内させて頂きます。
     
    ○ ネパール大地震 義援金 (募集期間 6月1日〜7月31日)

     すでにご承知のように、4月25日にネパールで起きました大地震により、多くの方
    が犠牲になられ、今なお避難生活を余儀なくされている方々も大勢おられます。
    SSIO(サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション)は、現地の帰依者の
    方々と共に救援委員会を立ち上げ、救援活動を実施しています。
    SSIOJ(日本)もSSIOの要請により、被災者の方々にテントを寄贈するために、すで
    に義援金をお送り致しました。今後の復興には、長い歳月と多くの費用がかかりま
    す。私たちも、少しでも皆さんとご一緒に支援したいと考えます。
    つきましては、下記の通り口座を開設しますので、よろしくお願い致します。

    郵便振替  口座番号  00930-2-34485 
    口座名   サティア・サイ・オーガニゼーション・ジャパン 

    郵貯銀行 支店名   〇九九(ゼロキユウキユウ)店(099)
    当座    0034485 
    口座名   サティア・サイ・オーガニゼーション・ジャパン 

    ──────────────────────────────────
    ■ サイ スピリチュアルシャワー ■
    ──────────────────────────────────
    「彼は至高の真理です」
    1965 年、シュリ カルンニャーナンダは「電流が走るような身震い」をもたらす「スリル
    に満ちた体験」をした。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201506/spiritualshower.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ(ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ──────────────────────────────────
     神が帰依者のヨーガックシェーマム〔幸福な生活の責任〕を保証するというこの声
    明は、これまで多くの誤解を生じさせてきました。一般人はもとより、学者(パンディッ
    ト)たちでさえ、その本当の意味をきちんと把握できていませんでした。
    かつて、ある博学な学者が、威厳のあるマハーラージャ〔藩王〕の御前で、「ギー
    ター」に関する講話を行っていました。ある日、次の詩節(シローカ)の順番が巡って
    きました。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201506/chinnakatha.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ バジャンクラス 「ガルダ ヴァハナ ナラヤナ」 ■
    ──────────────────────────────────
     今月はナーラーヤナ神のバジャンをご紹介します。ナーラーヤナはヒンドゥー教の
    三大神の一人、ヴィシュヌ神の別名で、すべての創造物の保護者、維持者です。
    ナーラーヤナは万物に充満し、その名は「水の中で動く者」「すべての生き物に宿る
    者」を意味しています。ヴィシュヌ神の乗り物は白い胸をした天界の鷲、ガルーダで
    す。またヴィシュヌ神はアナンタと呼ばれる大蛇のとぐろの上に横たわって描かれる
    こともあります。ヴィシュヌ神が横たわる大蛇は広い乳海(クシーラ サーガラ)の上に
    浮かんでいます。これは純粋な意識を象徴しています。ナーラーヤナ神は時代と共
    に、人や動物の姿を取って何度もアヴァター(神の化身)として降臨し、世界の悪に
    対抗し、ダルマ(正義)を復興します。

    Garuda Vahana Narayana
    Hey Sesha Shayana Narayana
    Garuda Vahana Narayana
    Sri Lakshmi Ramana Narayana
    Hari Om Hari Om Narayana

    ガルダ ヴァハナ ナーラーヤナ
    ヘェ シェーシャ シャヤナ ナーラーヤナ
    ガルダ ヴァハナ ナーラーヤナ
    シュリ ラクシュミー ラマナ ナーラーヤナ
    ハリ オーム ハリ オーム ナーラーヤナ

    聖なる鳥、ガルーダを乗り物にするナーラーヤナ
    聖なる大蛇、シェーシャに横たわるナーラーヤナ
    幸運の女神、ラクシュミーの主であるナーラーヤナ
    オームの化身、悪の破壊者であるナーラーヤナ

    ガルダ=ガルーダ、白い胸をした天界の鷲
    ヴァハナ=乗り物
    ナーラーヤナ=すべてのものに宿る方、ヴィシュヌ神
    ヘェ=ああ! おお! (神への呼びかけの言葉)
    シェーシャ=アディシェーシャという大蛇
    シャヤナ=横たわる
    ラクシュミー=幸運、富、美の女神
    ラマナ=主、神
    ハリ=罪を取り除く方、主なる神、ヴィシュヌ神
    オーム=原初の聖音、世界の最初の音

    ※ 下記URLから音源や発音を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201506/bhajan.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ サティヤ サイ 出版協会からのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────
    〜「英知の光」カセットテープ シリーズ音声データアップについて〜

    サイ ババの声による御講話とその日本語訳付の音源を、以下の公式ページにアッ
    プしました。
    http://www.sathyasai.or.jp/eichi/

    サイ ババの甘美な声を聞くことは、サイ ババに出会うことです。
    「英知の光」シリーズは、プラシャーンティ ニラヤムで録音されたサイ ババの御講話
    に日本語通訳を加えたものです。
    サイ ババの甘い声に触れながら、真理の御言葉に聞き入ることができます。

    (収録内容)

    母親と母国は天国より偉大である(1995年5月20日朝)1:11:44
    愛は至福に至る道(1995年11月23日 70歳御降誕祭) 1:16:57
    女性は人間的価値の基盤(1995年11月19日 婦人の日)1:18:19
    真実のヴィジョン(1995年11月18日午後 第六回世界大会での御講話)1:35:14
    人生は、人類への奉仕によって神聖なものとなる(1995年11月18日朝)51:00
    人間的価値が人間を作る(1995年11月17日)1:06:51
    放棄と愛によって神の恩寵を獲得しなさい(2001年5月7日 ブッダプールニマ―での御講話)1:09:47

    ──────────────────────────────────
    ■ ラジオサイのご案内 ■
    ──────────────────────────────────
    クワイア奉納【前編】、朗読「クリシュナ神の栄光」

    プログラム内容

    ●ブッダプールニマ祭 in プッタパルティ クワイア奉納【前編】
    ●朗読「クリシュナ神の栄光」

    ここから
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/backnumber/index%20backnumber.html

    ──────────────────────────────────
    ■ サイメールマガジン編集部からのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────
     プッタパルティから毎日発行されています「今日の御言葉」(Thought for the day )
    が6月3日より再開されます。

    配信ご希望の皆さまは以下よりご登録ください。
    以前に登録されている皆さまは改めての登録は不要です。
    http://www.sathyasai.or.jp/h2h/

    過去のものは以下より見ることができます。
    http://www.sathyasai.or.jp/h2hmm/backnumber.cgi

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2015 Sathya Sai Organization Japan All right reserveded