日付一覧

  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2017/02/01 08:25:00
    • 【月刊サイメールマガジン】2017年 2月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■    
    Sathya Sai International Organization Japan 
    2017年 2月号 
    ==================================
    〜 サットサング前編 〜

     10月号でご紹介した「喜びから人生を生きる」の著者アニータ・ムア
    ジャーニさんですが、先日、神戸で行われたある方の葬儀に参列させていた
    だきましたが、この方はあのアニータさんの兄嫁の父であることが分かりま
    した。なんという偶然でしょうか!アニータさんは、人生は縦と横の糸で織
    りなすタペストリーといわれてましたが、本当にそれぞれの人生の糸がそれ
    ぞれの人生と絡み合いながらタペストリーを織りなしているのでしょうね。

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月のババ様の御講話  ■ 
    ──────────────────────────────────
     今月は、ババ様が唯一の海外としてアフリカを訪問なさった際の最初の御
    講話をご紹介いたします。

    ババのアフリカでの御講話  米芦茲弔)
    「私が携えてきたメッセージ」(1968年7月4日)

    http://sathyasai.or.jp/d/d_19680704.html

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────
    2017年の年間テーマは 「愛に生きる」

     本年は、ババ様の御教えの本質である「愛」について学び、真に実践する1
    年とすべく、「愛に生きる」というテーマとなりました。「愛に生きる」は
    「五大価値に生きる」また、「奉仕に生きる」と言い換えることもできるか
    と思います。個人個人が愛を深め、愛を養い、身近な人に、社会に、すべて
    のものに愛を拡げていきたいものです。このテーマが具体的な実践に繋がり
    ますよう、今年一年、私たち自身の霊性向上、自己変容を目指して、共に取
    り組んで参りましょう。

    ○ 2017年3月11日(土) 13時〜18時
    エーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナ のご案内

     2016年12月にご案内しましたが、東日本大震災で甚大な被害を受けた東北
    の地、仙台にて、復興と環境浄化、自然災害の防止、そして、世界の平和と
    調和を祈願するエーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナを開催いたします。
    多くの皆様とご一緒に祈願できれば幸いです。ご参加をお待ちしております。
    詳細は、下記のホームページをご覧ください。
    http://www.sathyasai.or.jp/tohoku/news_20161115113704.html

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月の特別行事と祭事 ■
    ──────────────────────────────────
    ○ マハーシヴァラートリ 2 月24日(金) 18時00分〜25日(土) 6時00分
      12時間連続のバジャンを捧げます。各センター・グループにお問合せの
      上、ご参加ください。お祭りの詳細は、以下のホームページをご参照く
      ださい。
      http://sathyasai.or.jp/ashram/festival/mahashiva.html

    〇 名古屋センター20周年記念祭 2月12日(日)  開始時間 未定
      時間等の詳細は、近日中に以下のホ−ムページに掲載されますので、ご
      覧ください。
      http://www.sathyasai.or.jp/nagoya/events/annual%20events.html

    〇 香川グループ 22周年記念祭 2月19日(日) 13時00分〜
      香川県観音寺市高屋町2592-93

    ──────────────────────────────────
    ■ 〜サイと共に〜学生とババとの対話集 ■
    ──────────────────────────────────
    1991年8月
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201702/studentswithsai.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ(ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ──────────────────────────────────
    「神が何かを決意すれば、それは起こらざるを得ない」
    牛の代わりに生贄になろうとしたシュナハシェーパの運命やいかに、、。

    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201702/chinnakatha.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ バジャンクラス (シヴァ シャンボー シャンボー) ■ 
    ──────────────────────────────────
    今月はシヴァラートリにちなんで、シヴァバジャンをご紹介いたします。

    Shiva Shambho Shambho Shiva Shambho Mahadeva
    Hara Hara Hara Hara Mahadeva Shiva Shambho Mahadeva
    Halahaladhara Shambho Anatha Natha Ahambho
    Hari Om Hari Om Hari Om Namah Shivaya
    Hari Om Om Om Hari Om Om Om Hari Om Namah Shivaya

    シヴァ シャンボー シャンボー シヴァ シャンボー マハーデヴァ
    ハラ ハラ ハラ ハラ マハーデヴァ シヴァ シャンボー マハーデヴァ
    ハーラーハラダラ シャンボー アナータナータ シャンボー
    ハリ オーム ハリ オーム ハリ オーム ナマ シヴァーヤ
    ハリ オーム オーム オーム ハリ オーム オーム オーム
    ハリ オーム ナマ シヴァーヤ

    幸福と至福を授ける偉大なる神、シヴァ神を崇めよう
    シヴァ神は罪を破壊し、世界を救うためハーラーハラの猛毒を飲み干し、
    寄る辺なき者たちを救ってくださる御方
    罪を破壊するオームの化身、シヴァ神を崇めよう

    シヴァ=ヒンドゥー三大神の一人(破壊の神)
    シャンボー=シヴァ神の別名(幸福を授ける者)
    マハーデヴァ=至高の神
    ハラ=シヴァ神の別名(悪の破壊者)
    ハーラーハラダラ=シヴァ神の別名(喉に毒をためている者)
    アナータナータ=無力な者、寄る辺なき者の神
    オーム=原初の音
    ナマ シヴァーヤ=シヴァ神に帰依し奉る

    試聴は以下より
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201702/bhajan.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイのご案内 ■
    ──────────────────────────────────
    ラジオ サイ2月号のプログラム

    ・アナウンス(プログラムのご案内)
    ・SSOIJ事務局からの連絡
    ・ヒンディーバジャン(神戸センター)
     「ジェイ ドゥルガー ラクシュミー サラスワティー」
    ・プラシャーンティ ニラヤムより来日するサイの学生達による講演会から
      サイの学生達によるバジャン・ワークショップ
    ・日本語バジャン
     「クリシュナ クリシュナ 輝く瞳」
    ・ヒンディーバジャン
     「デーヴィ バヴァ ニーマー ジャヤ サイ ババ ニーマー」

    http://sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/audio/rsj201702.mp3

    ==================================
    〜 サットサング後編 〜

     4年ぶりにプッタパルティへ行ってきました。聖地はスワミが肉体を取っ
    ていらした頃と変わらず、今も清澄なエネルギーと平安に満ちていました。
    毎朝、マンディール内では、あのスワミが物質化なさった第三の目のリンガ
    ムプージャを見ることができます。サイの御名を唱えながらのサマディダル
    シャン、そして一日の最後のアルティはたとえようもなく美しく、揺れるオ
    レンジの炎に主の御姿を重ねてしまいました。何よりも驚いたのは、肉体の
    スワミを一度も見たことのない多くの人々が、世界中から聖地に引き寄せら
    れていることです。御姿は見えなくても、スワミの神聖な愛のパワーは健在
    でした。 

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン 
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3 
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション
    https://youtu.be/OVTPgsl_FQM
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2017 Sathya Sai International Organization Japan All right reserveded