日付一覧

  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2017/11/01 07:50:09
    • 【月刊サイメールマガジン】2017年11月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■    
    Sathya Sai International Organization Japan
    2017年 11月号
    ==================================
    〜 サットサング前編 〜
     今年は台風が多くて雨もたくさん降りました。先日のナラヤナセヴァ(路
    上生活者や生活困窮者への食事奉仕)は、その台風が通過する中で行われま
    した。ババ様が何とかしてくれるだろうと思っていたのですが、だんだんと
    雨風が強くなり、とうとうテントの屋根が強風で吹き上がってしまいまし
    た。なんと、雨がテントの中に直撃、、、、。あわわわ、、。ところが、み
    んなはキャアキャアと言いながら実に楽しそうにしているではないですか!
    神に向いている人はどんな時でも「Be Happy」でした。

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月のババ様の御講話  ■
    ──────────────────────────────────
    サティヤ サイ大学第23回学位授与式における御講話
    2004年11月22日
    「完全な静寂の中で内なる神性を体験せよ」
    http://sathyasai.or.jp/d/d_20041122.html

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ■
    ──────────────────────────────────
    〇 11月11日(土)午後6時〜11月12日(日)午後6時
    グローバルアカンダバジャン 

     11月の第2土曜日から日曜日にかけて世界中のサティヤ・サイ・センター、
    グループで、全人類の平安・調和・至福への祈りをこめた24時間連続バジャ
    ン(神の栄光を歌うこと)が行われます。多くの皆様と共に歌うことはたい
    へん重要で、今の時代〔カリ・ユガ〕において、もっとも簡単に神に至る道
    であるとババ様はおっしゃつています。ご一緒に、絶えず神を想い、バジャ
    ンを歌い続け、世界中に、スワミの愛を拡げましょう。実施時間は各セン
    ター・グループにご確認ください。多くの方のご参加をお待ちしています。

    アカンダバジャン
    http://www.sathyasai.or.jp/ashram/festival/akhanda.html

    〇 11月19日(日) レディ−スデイ(女性の日) 
    1995年から、毎年11月19日は「女性の日」としてお祝いされています。
    ババ様はいつも、女性の偉大さと母親としての理想を強調され、人々や国家
    の性質を形成するのに女性がどれほど重要な役割を担っているかを説かれま
    す。優しさ、思いやり、謙虚さという女性の特性を生かし、ババ様の御教え
    をもとに、家庭や社会の中で調和と愛と平安を分ち合えるようにお祝いし、
    ババ様にお祈りを捧げましょう。

    レディ−スデイ(女性の日)
    http://www.sathyasai.or.jp/ashram/festival/womensday.html

    〇 11月23日(木) サティヤ サイババ様の92周年ご降誕祭 
     11月23日は、ババ様ご降誕92周年で、インドのプッタパルティのほか世界
    各地で、ババ様のご降誕祭が開催されます。この日は、全人類が無私の愛の
    体現者であられるババ様に敬意を表し、感謝を捧げる聖なる一日です。ぜひ
    この機会に、改めてババ様を想い、ババ様の御講話を読み、ババ様の御教え
    を学び、私たちの霊性を向上させていきましょう。なお日本国内におきまし
    ても、各地でご降誕祭が開催されますので、多くの皆様とご一緒に感謝を捧
    げる一日としたいと思います。
    日程・場所につきましては、SSIOJホームページに掲載されますので、ご確認
    ください。ご参加をお待ちしています。

    御降誕祭
    http://www.sathyasai.or.jp/ashram/festival/birthday.html

     なお、今年の第92回ご降誕祭のプログラムにつきまして、以下のSSIOJの
    ホームページに、プラシャーンティ評議会議長のナレードラナート レッディ
    医学博士から、メッセージとお手紙が掲載されています。どうぞ、ご一読く
    ださい。皆様の霊性修行の糧となりますように!

    http://www.sathyasai.or.jp/ashram/news_pn/npn20171017.html

    ──────────────────────────────────
    ■ バクティクラブ 「祈り」 ■
    ──────────────────────────────────
    愛を込めて心から祈る重要性をスワミが 説かれています。

     祈りは誠実なものでなくてはならない
     祈りとは心の奥深くから湧いてきて
     内なる神性と対話するものでなくてはならない
     祈りによってどんな大きな仕事も成し遂げられる
     欲望を手放し心から神に祈りなさい
     そうすれば人生は満たされたものになります
     愛を通して神を経験することができるのです

    http://www.sathyasai.or.jp/bhakti/_src/sc431/inori.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ 国際ヴェーダ大会 準備プログラム ■
    ──────────────────────────────────
    ○ 青年部主催 ヴェーダ学習会のご案内

     今年の7月に始まったヴェーダ学習会も最終回となります。
    11月3日は、2012年にヴェーダナーラーヤナン先生が東京センターで講演を
    された日で、その際に日本における「ヴェーダの日」と提案された日です。
    この記念すべき日が、多くの方々がヴェーダ学習を始め、深め、分かち合う
    ことができる機会となりますようお祈り申し上げます。

    日時:11/3(金)文化の日 午後1時から5時(夕食あり)
    場所:東京サイセンター
    申し込み方法:各センター・グループ世話人に連絡、または申し込みフォー
    ム入力下さい。
    https://goo.gl/forms/L6HnKFOxUsetX1Iu1
    ※食事の用意のため、早めの申し込みをお願い致します。
    ※世話人の方が取りまとめた申し込みは、
    青年部連絡窓口 峰尾宛にご連絡下さい。
    shinichimineo@gmail.com

    詳細は以下より
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201711/information.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ 〜サイと共に〜学生とババとの対話集 ■
    ──────────────────────────────────
    1992年9月
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201711/studentswithsai.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ(ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ──────────────────────────────────
    「自慢、自慢 !」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201711/chinnakatha.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ バジャンクラス ( ハリ ナーム ガーテー チャロー ) ■
    ──────────────────────────────────
    Hari Nam Gate Chalo Sai Nam Gate Chalo
    Madhava Govinda Govinda Madhava Nam Gate Chalo
    Hari Nam Gate Chalo Sai Nam Gate Chalo
    Govinda Vitthala Gopala Vitthala
    Jaya Parti Vitthala Jaya Sai Vitthala ×3
    Madhava Govinda Govinda Madhava Nam Gate Chalo

    ハリ ナーム ガーテー チャロー サイ ナーム ガーテー チャロー
    マーダヴァ ゴーヴィンダ ゴーヴィンダ マーダヴァ 
    ナーム ガーテー チャロー
    ゴーヴィンダ ヴィッタラ ゴーパーラ ヴィッタラ
    ジャヤ パルティ ヴィッタラ ジャヤ サイ ヴィッタラ ×3
    マーダヴァ ゴーヴィンダ ゴーヴィンダ マーダヴァ 
    ナーム ガーテー チャロー

    ハリとサイの御名を歌い続けながら人生を送ろう
    マーダヴァとゴーヴィンダの御名を讃えて歌おう
    ゴーヴィンダとヴィッタラとゴーパーラの御名を讃えて歌おう
    プッタパルティに住むサイ ヴィッタラに栄光あれ
    マーダヴァとゴーヴィンダの御名を讃えて歌おう

    ハリ=罪を取り除くお方(ヴィシュヌ神またはクリシュナ神の別名)
    ナーム=名前
    ガーテー=歌う 
    チャロー=進む
    マーダヴァ=マドゥ族の子孫(クリシュナ神の別名)
    ゴーヴィンダ=牛を守護するお方(クリシュナ神の別名)
    ヴィッタラ=クリシュナ神と同一視されている神
    ジャヤ=万歳、栄光あれ
    パルティ=プッタパルティ

    ※ 下記URLから音源を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/201711/bhajan.mp3

    ──────────────────────────────────
    ■ 出版協会からのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────
     〜書籍『ラーマ物語』アマゾン販売開始のお知らせ〜

     先行販売しておりました書籍『ラーマ物語 〜ラーマーヤナの甘露の流れ
    〜 ラーマカター ラサ ヴァーヒニー』上巻ですが、10月20日よりアマゾンで
    販売開始を予定しておりましたが、諸般の事情で遅れましたことお詫び申し
    上げます。
    現在、アマゾンでも販売開始となりましたのでお知らせいたします。
    ご購入は以下をご確認ください。
    https://www.amazon.co.jp/dp/4916138856

    ──────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイのご案内 ■
    ──────────────────────────────────
    ラジオ サイ11月号  
    ・アナウンス(プログラムのご案内)
    ・SSIOJ事務局からの連絡
    ・全国サーダナキャンプからガネーシャバジャン
     日本語バジャン「ジャイジェイジェイジェイ ガナパティー 我らに宿る神」
    ・プラシャーンティニラヤムから来日するサイの学生による講演会から、
      バジャンに関するパネルディスカッション:
      「バジャンを構成する要素と
       ババ様のバジャンに関するガイドライン」の後編
    ・全国サーダナキャンプから、SSIO ゾーン5
       統括 世話人 Bro.アショク サクラニのスピーチ「愛に生きる」の前編
    ・全国サーダナキャンプから
     日本語バジャン「内なる平安」

    以下より試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/index.html

    ==================================
    〜 サットサング後編 〜
     先週、台風21号が日本列島を襲った翌日、さわやかな青空が広がっていま
    した。風を通そうと二階の窓を開けてギクッ! なんと土蔵の庇の留め板が
    大きく折れているではないですか! 名称はよくわからないのですが、白壁
    の漆喰が崩れるのを防ぐため、壁と同じ白いブリキ板で留めているものがダ
    ラ〜ンと外れていたのです。強風のせいですね。早速、屋根に上がって調べ
    てみましたが、瓦がツルツル滑るのでちょっと怖かった。ブリキ板だけ
    そーっと元通りかぶせときましたが、次の台風がきたら完全アウトです。や
    はり修理を頼むしかありません。でも屋根の上に平たい一画があるのを発見
    しました。そこに座ればディープな秋の星空やお月見とかもできそう…。
    野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ……(^^)/~~~ 

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 078-222-1885
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション
    https://youtu.be/OVTPgsl_FQM
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2017 Sathya Sai International Organization Japan All right reserveded