日付一覧

  • 2020/08/01 09:17:17
  • 2020/07/05 08:44:28
  • 2020/07/01 08:49:50
  • 2020/06/08 21:52:22
  • 2020/06/01 10:39:32
  • 2020/05/06 09:07:38
  • 2020/05/01 09:56:37
  • 2020/04/24 08:28:07
  • 2020/04/21 08:45:17
  • 2020/04/13 09:30:07
  • 2020/04/01 08:56:28
  • 2020/03/28 09:45:51
  • 2020/03/01 08:30:33
  • 2020/02/21 10:14:24
  • 2020/02/21 10:08:39
  • 2020/02/16 08:33:57
  • 2020/02/11 07:42:07
  • 2020/02/01 09:29:22
  • 2020/01/24 23:15:17
  • 2020/01/01 09:20:03
  • 2019/12/25 11:18:38
  • 2019/12/24 15:37:00
  • 2019/12/01 11:57:51
  • 2019/11/23 11:54:14
  • 2019/11/01 07:51:08
  • 2019/10/08 08:49:01
  • 2019/10/01 09:03:02
  • 2019/09/01 09:41:01
  • 2019/08/24 09:09:43
  • 2019/08/01 09:08:52
  • 2019/07/16 09:59:00
  • 2019/07/01 10:16:21
  • 2019/06/01 08:40:20
  • 2019/05/18 06:56:20
  • 2019/05/01 09:21:44
  • 2019/04/24 22:35:59
  • 2019/04/04 10:37:54
  • 2019/04/01 19:16:29
  • 2019/04/01 13:14:08
  • 2019/03/04 10:05:26
  • 2019/03/04 09:49:37
  • 2019/03/01 07:59:07
  • 2019/02/08 11:06:05
  • 2019/02/01 07:50:40
  • 2019/01/01 08:18:03
  • 2018/12/25 08:17:21
  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2020/03/01 08:30:33
    • 【月刊サイメールマガジン】2020年3月号

    ==================================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■
    Sathya Sai International Organization Japan
    2020年 3月号
    ==================================
    〜 サットサング前編 〜

     新型コロナウイルスの影響で世界は大混乱しています。世界をみればオー
    ストラリアでは大規模な森林火災が発生したり、南極では異常な高気温に
    なっていると報道されています。異常気象は常態化し、地球は大変な時を迎
    えています。
    また、世界では様々な国や地域で対立も激化し、戦争も起こっています。差
    別や分断も進み人類の一体性は失われています。このような、社会現象も、
    自然現象も、そのすべての原因を作っているのは私たち人間だといえます。

    なぜ、このようなことが起こるのでしょうか?
    それは、政治、経済、教育、思想、医療、仕事、生活、エネルギー、お金な
    どあらゆる人間社会の基盤から霊性が失われたことがその原因だと思われま
    す。
    霊性とは私たちの本性です。ババ様が説かれるように私たちは永遠に続く魂
    であり決して肉体的な存在ではありません。自分を限りのある肉体だと思え
    ば利己的にならざるを得ないかもしれません。しかし私たちは唯一の神が多
    となって顕れているだけであると思えば、すべての人と協調した生き方に変
    わります。霊性が基盤となる世界になり、みんなが幸せになりますように。

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月のババ様の御講話 ■
    ──────────────────────────────────
    1970年8月16日
    誰に奉仕すべきか?
    http://www.sathyasai.or.jp/d/d_19700816.html

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ ■
    ──────────────────────────────────
    ○ 平和への祈り〜ヴェーダチャンティングの集い in 福島 
     
    SSIOJの今年の活動計画のひとつに「世界平和を祈願する、ヴェーダ チャン
    ティング」があります。2011年東日本大震災で甚大な被害を受けました福島
    県にて、ルッドラムを含むヴェーダ チャンティング詠唱の会を催します。平
    和を祈り集う温かい会になればと思います。みなさまのご参加を心よりお待
    ちしております。

    ・日 時:令和2年5月23日(土) 13:00〜19:00(開場11時30分)
    ・場 所:ふくしん夢の音楽堂(福島市音楽堂)小ホール(福島県福島市入江町1-1)
    ・参加はSSIOJ会員の方になります。

     詳細は以下より
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202003/information.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ 今月の特別行事と祭事 ■
    ──────────────────────────────────
    〇鹿児島グループ 20周年記念祭 
    ・日 時:令和2年3月22日(日) 12時30分〜16時35分
    ・場 所:霧島市溝辺コミュニティーセンター(上床公園内) 2F会議室
     詳細は、下記のアドレスをご覧ください。
    https://www.sathyasai.or.jp/kagoshima/news_20200224163447.html

    ──────────────────────────────────
    ■インド花祭 ブッダプールニマー祭のご案内 ■
    ──────────────────────────────────
    〇 ブッダ プールニマー祭 ヴェーダ チャンティングのご案内

    本年5月、聖地プッタパルティで開催されるブッダ プールニマー祭におきま
    して、ヴェーダ チャンティングを日本がリードすることが決定しました。

    実施日:5/7(木)午前・午後、5/8(金)午前・午後の計4回(1回20~45分)
    参加資格:SSIOJ会員
    参加登録フォーム:https://forms.gle/rmDfVWYg9t75HuRa8
    ※ブッダプールニマー祭のツアーの案内は、サイラムニュース2020年1月号に折り込まれています。

    チャンティング回数・時間は4回で合計2時間ほどと、多くのチャンスをいた
    だいておりますので、これまで日本で学習されてきたマントラを一通り唱え
    る予定です。ゴールデンウィーク直後ではありますが、可能な方はぜひご参
    加ください。

    ※ このブッダプールニマー祭では、SSIOJ全国世話人(副会長)がスピーチ
    をすることになっています。また、最終日には、仏教国の有志で、スー
    パー・スペシャリティー・ホスピタルでナーラーヤナセヴァを行う貴重
    な体験ができる機会もありますので、どうぞふるってご参加ください。

    ブッダプールニマー祭にはパラダイスツアーを利用する方法もございます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202002/information4.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ SSIOJホームページ更新情報 ■
    ──────────────────────────────────
    ●サイババ、インフルエンザを追い払う
    https://www.sathyasai.or.jp/news/1963/
    ●出版更新情報
    https://www.sathyasai.or.jp/news/1916/
    ●メニューの変更
    https://www.sathyasai.or.jp/news/1889/
    ●サイヴェーダライブラリー更新
    https://www.sathyasai.or.jp/news/1887/

    ──────────────────────────────────
    ■ 〜サイと共に〜学生とババとの対話集 ■
    ──────────────────────────────────
    1997年10月
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202003/studentswithsai.pdf

    ──────────────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ (ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ──────────────────────────────────
    「2人の妖婦」
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202003/chinnakatha.pdf
    サイ ラム ニュース160号(2015年1・2月号)より

    ──────────────────────────────────
    ■ バジャンクラス(パーンドゥランガ ヴィッタレー ハリ ナーラーヤナ) ■
    ──────────────────────────────────
    Panduranga Vitthale Hari Narayana
    Hari Narayana Govinda
    Panduranga Vitthale Hari Narayana
    Hari Narayana Govinda
    Panduranga Vitthale Hari Narayana
    Hari Narayana Govinda

    パーンドゥランガ ヴィッタレー ハリ ナーラーヤナ
    ハリ ナーラーヤナ ゴーヴィンダ
    パーンドゥランガ ヴィッタレー ハリ ナーラーヤナ
    ハリ ナーラーヤナ ゴーヴィンダ
    パーンドゥランガ ヴィッタレー ハリ ナーラーヤナ
    ハリ ナーラーヤナ ゴーヴィンダ

    パーンドゥランガ、ヴィッタラ、ハリ、ナーラーヤナ、ゴーヴィンダ、
    神の御名を讃えて歌おう

    パーンドゥランガ=パーンドゥの神(クリシュナ神の別名)
    ヴィッタレー=ヴィッタラ神(クリシュナ神の別名)
    ハリ=悲しみを取り除き幻想を追い払う者(ヴィシュヌ神、シヴァ神、ヤマ神の別名)
    ナーラーヤナ=すべてのものに宿る者、宇宙を住処とする者(ヴィシュヌ神の別名)
    ゴーヴィンダ=牛を保護する神(クリシュナ神の別名)

    ★パーンドゥランガ神について
    主に南インドのマハーラーシュトラ州とカルナータカ州で礼拝されている神。
    ヴィトーバー、ヴィッタラとも呼ばれる。クリシュナ神と同一視されてお
    り、神妃はルクミニー(クリシュナ神の妃)。通常、レンガの上に立ってい
    る姿で描かれる。レンガの由来は2005年5月6日の御講話に掲載されて
    いる。パーンドゥは白、ランガは色の意。
    https://sathyasai.or.jp/mikotoba/discourses/d_20050506.html

    ※下記のURLから音源を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202003/bhajan.mp3

    ─────────────────────────────────
    ■ ラジオ サイのご案内 (2020年3月号) ■
    ─────────────────────────────────
    ラジオサイ2020年3月号のプログラムは次のとおりです。

    ・SSIOJ事務局からの連絡
    ・日本語バジャン
      「あなたの愛が私のすべて」
    ・2019年9月21日開催の全国サーダナキャンプでの
      サイの学生達によるプログラム1日目の
      プログラム(テーマBe Happy!!) の後半
    ・バクティクラブから
     「洞窟の聖者 サイを呼び寄せたひたむきな信愛」
    ・日本語バジャン
      「さあ愛の灯をともそう」

    ※ 以下のラジオ サイ ジャパンのホームページより試聴できます。
    http://sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/index.html

    ==================================
    〜 サットサング後編 〜

    とうとうTDLも休園になりました。今月半ばに行く予定だったのに・・・無
    念です。そんなこと言っている場合ではありません。今日近くのスーパーへ
    行ったら、トイレットペーパーが1個もありませんでした! ネットでデマ
    が流れ、皆デマだとわかっていていながら無くなったら困るから買いに走っ
    たのだそうです。人間の悲しい性(さが)ですね。こういう時こそ冷静に行
    動しましょう。ある友人は、マスクがなくて困っている人のために手作りの
    マスクを作っているそうです。感心したので、私も100均で材料を買ってきて
    作ってみました。手作り感が楽しいですネ。使い捨てではなく洗濯してくり
    返し使えるところもイイです。私たちは便利な時代に慣れすぎて、自分で丁
    寧にモノを作る楽しさ、大切にモノを扱う優しさを忘れている気がします。
    『節制』について、改めて考えさせられました。外の世界がどれほど混乱し
    ていても、私たちの心の奥には常に平安な場所があります。そのプラシャー
    ンティ・ニララヤムとの繋がりを保ちましょう。心を込めて神の御名を唱え
    続けましょう。常に、スワミならどうされるかを考えて行動しましょう。私
    たちの心の平和が、世界の平和を作ります。

    ==================================
    発行:
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 03-4330-1399
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション
    https://youtu.be/OVTPgsl_FQM
    ==================================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ==================================
    (C) Copyright 2020 Sathya Sai International Organization Japan All right reserved