日付一覧

  • 2020/08/01 09:17:17
  • 2020/07/05 08:44:28
  • 2020/07/01 08:49:50
  • 2020/06/08 21:52:22
  • 2020/06/01 10:39:32
  • 2020/05/06 09:07:38
  • 2020/05/01 09:56:37
  • 2020/04/24 08:28:07
  • 2020/04/21 08:45:17
  • 2020/04/13 09:30:07
  • 2020/04/01 08:56:28
  • 2020/03/28 09:45:51
  • 2020/03/01 08:30:33
  • 2020/02/21 10:14:24
  • 2020/02/21 10:08:39
  • 2020/02/16 08:33:57
  • 2020/02/11 07:42:07
  • 2020/02/01 09:29:22
  • 2020/01/24 23:15:17
  • 2020/01/01 09:20:03
  • 2019/12/25 11:18:38
  • 2019/12/24 15:37:00
  • 2019/12/01 11:57:51
  • 2019/11/23 11:54:14
  • 2019/11/01 07:51:08
  • 2019/10/08 08:49:01
  • 2019/10/01 09:03:02
  • 2019/09/01 09:41:01
  • 2019/08/24 09:09:43
  • 2019/08/01 09:08:52
  • 2019/07/16 09:59:00
  • 2019/07/01 10:16:21
  • 2019/06/01 08:40:20
  • 2019/05/18 06:56:20
  • 2019/05/01 09:21:44
  • 2019/04/24 22:35:59
  • 2019/04/04 10:37:54
  • 2019/04/01 19:16:29
  • 2019/04/01 13:14:08
  • 2019/03/04 10:05:26
  • 2019/03/04 09:49:37
  • 2019/03/01 07:59:07
  • 2019/02/08 11:06:05
  • 2019/02/01 07:50:40
  • 2019/01/01 08:18:03
  • 2018/12/25 08:17:21
  • 2018/12/01 17:55:24
  • 2018/12/01 08:34:06
  • 2018/11/24 11:19:39
  • 2018/11/01 08:33:49
  • 2018/10/19 08:02:31
  • 2018/10/01 08:43:12
  • 2018/09/02 08:50:44
  • 2018/09/01 08:57:13
  • 2018/08/01 08:12:28
  • 2018/07/27 07:30:28
  • 2018/07/01 09:27:23
  • 2018/06/01 08:00:09
  • 2018/05/01 08:00:05
  • 2018/04/29 09:49:32
  • 2018/04/28 11:54:56
  • 2018/04/24 09:35:10
  • 2018/04/01 09:15:06
  • 2018/03/01 08:02:28
  • 2018/02/13 09:08:12
  • 2018/02/01 08:57:19
  • 2018/01/01 09:39:33
  • 2017/12/25 08:10:01
  • 2017/12/01 07:48:55
  • 2017/11/23 09:43:36
  • 2017/11/01 07:50:09
  • 2017/10/01 07:57:39
  • 2017/09/30 08:27:15
  • 2017/09/01 07:50:12
  • 2017/08/15 08:29:00
  • 2017/08/01 08:58:23
  • 2017/07/09 08:03:03
  • 2017/07/01 08:31:43
  • 2017/06/01 17:28:53
  • 2017/05/10 08:05:50
  • 2017/05/01 09:33:08
  • 2017/04/24 21:50:31
  • 2017/04/01 08:44:43
  • 2017/03/20 21:20:55
  • 2017/03/01 07:47:45
  • 2017/02/24 07:39:34
  • 2017/02/01 08:25:00
  • 2017/01/01 09:00:03
  • 2016/12/25 23:39:56
  • 2016/12/01 08:57:41
  • 2016/11/23 19:20:01
  • 2016/11/01 09:06:16
  • 2016/10/11 08:27:50
  • 2016/10/01 08:36:08
  • 2016/09/05 09:11:54
  • 2016/09/01 08:40:55
  • 2016/08/25 08:39:12
  • 2016/08/01 08:44:02
  • 2016/07/19 08:08:19
  • 2016/07/01 07:34:13
  • 2016/06/01 08:50:03
  • 2016/05/21 07:29:45
  • 2016/05/01 09:43:14
  • 2016/04/24 21:30:13
  • 2016/04/22 13:34:08
  • 2016/04/17 14:05:18
  • 2016/04/01 07:38:22
  • 2016/03/07 13:55:41
  • 2016/03/01 08:47:02
  • 2016/02/01 09:30:02
  • 2016/01/01 08:40:37
  • 2015/12/25 07:52:29
  • 2015/12/01 08:00:46
  • 2015/11/23 22:01:11
  • 2015/11/01 09:42:37
  • 2015/10/20 09:03:45
  • 2015/10/01 09:02:12
  • 2015/09/17 10:10:23
  • 2015/09/01 07:59:53
  • 2015/08/01 08:14:20
  • 2015/07/31 07:35:56
  • 2015/07/01 09:13:51
  • 2015/06/01 09:01:55
  • 2015/05/01 05:40:12
  • 2015/04/24 22:48:44
  • 2015/04/24 18:11:09
  • 2015/04/01 08:43:21
  • 2015/03/01 08:49:26
  • 2015/02/20 14:20:39
  • 2015/02/17 11:20:24
  • 2015/02/01 09:50:23
  • 2015/01/01 09:00:03
  • 2014/12/25 10:23:44
  • 2014/12/01 08:24:01
  • 2014/11/23 18:25:10
  • 2014/11/01 09:08:21
  • 2014/10/20 10:06:01
  • 2014/10/01 09:25:34
  • 2014/09/01 09:07:58
  • 2014/08/17 09:31:37
  • 2014/08/01 07:34:05
  • 2014/07/12 09:02:06
  • 2014/07/01 09:10:08
  • 2014/06/01 08:52:10
  • 2014/05/14 10:02:22
  • 2014/05/01 09:00:59
  • 2014/04/24 20:56:27
  • 2014/04/01 08:13:48
  • 2014/03/01 13:16:51
  • 2014/02/28 07:25:43
  • 2014/02/01 08:12:12
  • 2014/01/01 08:41:22
  • 2013/12/25 08:05:12
  • 2013/12/01 08:15:51
  • 2013/11/23 10:19:52
  • 2013/11/19 09:11:42
  • 2013/11/01 07:28:23
  • 2013/10/14 15:27:13
  • 2013/10/14 08:41:04
  • 2013/10/01 08:20:58
  • 2013/09/09 09:41:36
  • 2013/09/01 09:13:26
  • 2013/08/28 22:21:26
  • 2013/08/01 08:55:38
  • 2013/07/22 07:45:07
  • 2013/07/01 09:25:52
  • 2013/07/01 08:51:13
  • 2013/06/01 07:31:56
  • 2013/05/25 09:48:51
  • 2013/05/01 17:46:55
  • 2013/04/24 22:00:00
  • 2013/04/01 10:22:43
  • 2013/03/10 09:25:53
  • 2013/03/01 08:17:31
  • 2013/02/01 07:46:54
  • 2013/01/01 08:46:47
  • 2012/12/25 08:23:59
  • 2012/12/01 09:14:11
  • 2012/11/23 09:56:36
  • 2012/11/01 12:01:29
  • 2012/10/07 21:09:51
  • 2012/10/01 08:06:32
  • 2012/09/01 08:00:23
  • 2012/08/09 08:03:20
  • 2012/08/01 08:23:12
  • 2012/07/03 22:15:05
  • 2012/07/03 09:03:10
  • 2012/07/01 09:07:09
  • 2012/06/01 14:12:03
  • 2012/05/01 08:30:04
  • 2012/04/24 11:48:52
  • 2012/04/02 01:45:38
  • 2012/03/11 19:25:49
  • 2012/03/01 08:49:40
  • 2012/02/20 09:16:47
  • 2012/02/02 10:02:51
  • 2012/02/01 08:17:15
  • 2012/01/01 18:39:46
  • 2011/12/25 08:11:29
  • 2011/12/01 08:54:29
  • 2011/11/23 09:52:59
  • 2011/11/01 08:21:49
  • 2011/10/01 08:23:38
  • 2011/09/01 09:08:08
  • 2011/08/11 09:27:13
  • 2011/08/01 12:52:11
  • 2011/07/01 14:54:04
  • 2011/06/01 09:31:25
  • 2011/05/10 22:42:16
  • 2011/05/06 22:58:30
  • 2011/04/08 23:50:21
  • 2011/04/04 09:46:07
  • 2011/04/03 15:11:43
  • 2011/03/29 21:55:44
  • 2011/03/25 21:52:27
  • 2011/03/18 19:54:40
  • 2011/03/16 09:13:19
  • 2011/03/15 08:53:05
  • 2011/03/01 09:31:57
  • 2011/02/01 15:47:09
  • 2011/01/01 10:39:38
  • 2010/12/01 09:22:44
  • 2010/11/23 00:26:34
  • 2010/11/01 12:07:34
  • 2010/10/01 07:58:58
  • 2010/09/01 09:03:09
  • 2010/08/01 10:09:33
  • 2010/07/07 09:26:33
  • 2020/06/01 10:39:32
    • 【月刊サイメールマガジン】2020年6月号

    ========================
    ■■ 月刊 サイ メールマガジン ■■
    Sathya Sai International Organization Japan
    2020年 6月号
    ========================
    〜 サットサング前編 〜
     ある方の老後の計画を聞きました。とても面白かったのでご紹介します。
    その方は、今世ではできなかったショパンを来世で演奏するために、老後に
    ピアノを練習し始めるそうです。まあ「猫ふんじゃった」程度であれば今世
    でも可能ですが・・・。財産は持ち越せないとしても、培ってきた技能など
    はきっと持ち越せるのでしょう。いずれにせよ、老後をボーッと生きるの
    ではなく、来世に備えるための準備にあてるというのは目からウロコでし
    た。私たちは生命を表現する永遠の旅人です、その表現を歳だからとか何と
    かいってやめるのはもったいないですね。さてさて、どうしましょうか?

    ────────────────────────
    ■ 今月のババ様の御講話 ■
    ────────────────────────
    1979年 夏期講習の御講話より
    「死の航海」
    https://www.sathyasai.or.jp/d/d_19790000_10.html

    ────────────────────────
    ■ SSIOJからのお知らせ ■
    ────────────────────────
    〇 SSIOJの今後の活動自粛の継続について

    6月以降のSSIOJのコロナへの対応について検討をさせて頂きましたが、活動
    再開とするのは時期尚早として、現状をもう一か月継続することにさせてい
    ただきます。 また、7月以降につきましては、さらに自粛を継続するのか、
    制限再開とするのか、あるいは再開とするのかは6月末の状況を確認して判
    断させて頂きたいと思います。どうかご理解のうえご了承いただけますよう
    にお願いいたします。詳細は以下のとおりです。
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2382/

    ────────────────────────
    ■ 今月の特別行事と祭事 ■
    ────────────────────────
    〇 7月 5日(日) グルプールニマー
    ババ様のご講話とお祭りの内容は、下記のホームページをご覧下さい。
    https://sathyasai.or.jp/ashram/festival/g_poornima.html

    新型コロナウイルスの影響により、各センター・グループで、グルプールニ
    マーは、開催できませんが、偉大なグル・サイババ様に感謝を捧げる一日と
    しましょう。なお、サティヤ・サイ・インターナショナル・オーガニゼー
    ションが主催する2020年オンライン・グローバル・グル・プールニマー祭が
    開催されますので、ご参加ください。詳細は、別稿のSSIO(サティヤサイ国
    際オーガニゼーション)からのお知らせをご覧下さい。ただし、すべて英語
    となります。

    〇 6月21日(日) 盛岡グループ17周年記念祭 13:00〜16:30予定
    変更になるかもしれませんので、以下のホームページでご確認ください。
    https://www.sathyasai.or.jp/morioka/sch.html

    〇 7月 5日(日) 北九州グループ 29周年記念祭 未定
    新型コロナウイルスの影響により、北九州グループ記念祭は、現在のところ
    未定です。決定しましたら、以下のホームページに掲載しますのでご覧下さい。
    https://www.sathyasai.or.jp/kitakyusyu/index.html

    ────────────────────────
    ■ SSIO(サティヤサイ国際オーガニゼーション)からのお知らせ ■
    ────────────────────────
    ○ 全世界で24時間ガーヤトリーマントラを唱えるアカンダガーヤトリーのお知らせ
    日本の担当は6月14日の午前8:00〜8:30
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/information1.pdf

    ○ オンライングルプールニマーのお知らせ
     日本時間:7月5日 14:00〜16:00
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/information2.pdf

    ○ SSIOからの活動自粛お知らせ
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/information3.pdf

    ○ 主への祈り
    https://lists.sathyasai.org/archive/PasD67e7X/FE9Z8opNv/nO54hSTYrQL

    ────────────────────────
    ■ SSIOJホームページ更新情報 ■
    ────────────────────────
    ●ヴェーダに関する御講話「目を開きなさい」
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2380/
    ●SSIOJオンライン活動のご案内
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2379/
    ●「動画」新型コロナウイルスの流行 サイがここにいるのになぜ恐れるのか?
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2299/
    ●心臓血管疾患国際シンポジウムの御講話「愛を持って患者を治療しなさい」
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2291/
    ●心臓血管疾患国際シンポジウムの御講話「バガヴァンの閉会の辞」
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2290/
    ●心臓血管疾患国際シンポジウムの御講話「食物と心臓と心」
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2289/
    ●心臓血管疾患国際シンポジウムの御講話「医師と患者と社会」
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2287/
    ●SSIOJの今後の活動予定
    https://www.sathyasai.or.jp/news/2236/

    ────────────────────────
    ■ 〜サイと共に〜学生とババとの対話集 ■
    ────────────────────────
    1997年12月
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/studentswithsai.pdf

    ────────────────────────
    ■ ワカ チンナカタ (ババ様が御講話の中で話された喩え話や小話) ■
    ────────────────────────
    神の見解を知ろうとすること
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/chinnakatha.pdf
    サイラムニュース40号より
    ────────────────────────
    ■ 各チームからのご案内  ■
    ────────────────────────
    ○ ヴェーダ オンラインプログラムのご案内

     毎日、様々なプログラムを行っていますので、詳細は以下のホームページ
    をご覧ください。
    https://veda.sathyasai.or.jp/class/online-class

    ヴェーダクラスは、SSIOJの会員の方が対象です。(チーム未登録でも参加で
    きます)以下のプログラムは、非会員の方もオブザーバー(視聴のみ)で参
    加いただけます。

    ・チャンティング
    ・スタディーサークル
    ・サットサング(体験談やヴェーダに関する発表)
    ・サンスクリットの発音・祈りのクラス

    ○ オンラインスタディーサークルのご案内

    現在、スタディーサークル部門ではZoomを利用したオンラインスタディー
    サークルを実施しています。詳細は以下より
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/studycircleteam.pdf

    ────────────────────────
    ■ バジャンクラス (プンニャ ナーム パヴィットラ ナーム ラーマ ナーム サイ ラーム ) ■
    ────────────────────────
    Punya Naam Pavithra Naam Rama Naam Sai Ram
    Hare Krishna Hare Ram Madhura Naam Sai Ram
    Karuna Sindhu Seetha Ram Deena Banhu Radhe Shyam
    Hare Krishna Hare Ram Madhura Naam Sai Ram

    プンニャ ナーム パヴィットラ ナーム ラーマ ナーム サイ ラーム
    ハレー クリシュナ ハレー ラーム マドゥラ ナーム サイ ラーム
    カルナー スィンドゥ シーター ラーム ディーナ バンドゥ ラーデー シャーム
    ハレー クリシュナ ハレー ラーム マドゥラ ナーム サイ ラーム

    我らの主、サイラーマの甘美で神聖な御名を唱えよう
    クリシュナ、ラーマ、そして甘美なサイラーマの御名に栄光あれ
    シーターの帰依する慈愛の海のラーマ、ラーダーの帰依する力なき者の友、クリシュナ
    クリシュナ、ラーマ、そして甘美なサイラーマの御名に栄光あれ

    プンニャ=良い
    ナーム=名前
    パヴィットラ=神聖な
    ハレー=栄光あれ
    マドゥラ=甘美な〔クリシュナのフルートの甘美な調べを形容する〕
    カルナー=同情、慈悲
    スィンドゥ=流れ、海
    ディーナ バンドゥ=無力な者の友
    ラーデーシャーム=クリシュナの別名(「青い肌をしたラーダーの主」の意)

    ※下記のURLから音源を試聴できます。
    http://www.sathyasai.or.jp/mmg_cnt/202006/bhajan.mp3

    ────────────────────────
    ■ 出版協会からのご案内 ■
    ────────────────────────
    〜Instagram開設しました〜

    5月6日のイーシュワランマデーを記念して、サティヤ サイ出版協会公式
    Instagram を開設しました。

    以下より書籍、CD等の出版関連のご案内をいたします。
    https://www.instagram.com/sathya_sai_publications/

    今後の投稿予定は、
    ・本やCDの紹介(新刊・既刊両方)
    ・SSP主催の行事の紹介
    ・新入荷グッズなどの紹介
    ・日本人がインドで撮影した思い出の写真や動画
    ・御言葉
    等となります。

    投稿を楽しみにお待ちください。

    ────────────────────────
    ■ ラジオ サイのご案内 (2020年6月号) ■
    ────────────────────────
    ・SSIOJ事務局からの連絡
    ・日本語バジャン   「ババ あなたを想う」
    ・2020年4月24日にオンラインにて開催された
      アーラーダナ マホーツァヴァムから 全国サイレディース世話人によ
      るスピーチ
    ・2019年9月21日〜22日開催の全国サーダナキャンプから
      サイの学生達による2日目のプログラム(テーマ:霊性修行とサットサン
      グ)の前編
    ・バクティクラブから「信愛に満ちた終焉」
      スワミの御講話より、スワミの肉体の祖父であるコンダマラージュの高
      潔な最後のエピソード
    ・日本語バジャン  「内なる平安」
    ※ 以下のラジオ サイ ジャパンのホームページより試聴できます。
    http://sathyasai.or.jp/sgh/radiosaijapan/index.html

    ========================
    〜 サットサング後編 〜
     60の手習いとはよく言われますが、死は「終わり」ではなく魂の「衣替
    え」だとすれば、来世を見越して何かをスタートするのに遅すぎることなど
    ないですね。天賦の才を発揮する神童は、きっと前世で努力した老人だった
    のでしょう。ただスワミは「二度と生まれ変わってこないのが最善です」と
    おっしゃっているので、願わくば来世の準備をするよりも、神に巡り会えた
    恩寵を最大限に生かして、今生での目標を果たせるよう頑張ましょう。

    ========================
    発行:
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン
    兵庫県神戸市中央区熊内5-1-3
    E-mail: ssoj@sathyasai.or.jp
    FAX: 03-4330-1399
    サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション
    https://youtu.be/OVTPgsl_FQM
    ========================
    サイ メールマガジンの変更・解除はこちらから
    http://www.sathyasai.or.jp/melmag/
    ========================
    (C) Copyright 2020 Sathya Sai International Organization Japan All right reserved