新着情報

アーラーダナマホーツァヴァムに向けて

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

オーム シュリ サイ ラム

私たちは、バガヴァン シュリ サティヤ サイババ様の神聖な使命の一部となる祝福と幸運に恵まれました。世界中のサティヤ サイ帰依者たちは、4月24日をアーラーダナ マホーツァヴァムとしてお祝いします。

シュリ サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーションは、シュリ サティヤ サイババ様に敬意を表し、その生涯、メッセージ、業績を紹介するグローバル オンライン プログラムを4月24日22時30分から24時(日本標準時)まで開催し、その後、4月25日0時(日本標準時)から24時間連続でアカンダ ガーヤトリーを行うことにいたしました。

アーラーダナ マホーツァヴァムを迎える準備を整えるために、2021年4月1日から30日までの30日間、集中して霊性修行に取り組みましょう

 

アーラーダナマホーツァヴァムを迎える前の霊性修行

 

五文字のマントラ「神がいる」(テルグ語でデーヴドゥンナードゥ)を毎日唱える。

「神がいる」(デーヴドゥンナードゥという五文字のテルグ語、デーヴゥドゥは神の意)。これをあなたの頼みの綱としなさい。これを繰り返し唱え、これについてじっくり考え、これを実行し、これを他の人々に伝え、この体験の至福に浸るなら、皆さんは世界の幸福に最大の貢献をしていることになるでしょう。(中略)この真言を広めることにより、人々の間に神への愛と罪への恐れを促すことができます。「神がいる」という真言は、他の特定の神の御名に基づくマントラよりも強力なものとなり得ます。

 

 次の五つの祈りを毎日唱える

 → 1986年7月21日の御講話「五文字の金言」

  1. 「私は神であり、私は神と異なるものではありません」。このことを常に意識し、いつも心に留めておきましょう。「私は神である。私は神である。私は神と異なるものではありません」。このことを自分に言い聞かせましょう。このサーダナ(霊性修行)で失敗することがないように祈りましょう。
  2. 「私はアカンダ パラ ブラフマン(至高の絶対者と不可分の存在)です」。これは、絶えず繰り返し、祈ることによって、意識の中に確立すべき第二の真理です。
  3. 「私はサット チット アーナンダ(絶対実在・純粋意識・至福)です」。
  4. 「悲しみや不安が私に影響を及ぼすことは決してありません」。繰り返し断言し、祈ることによって、この信念を育み、この真理を自分自身に確信させましょう。
  5. 「私は常に満足しています。恐れは決して私の中に入り込むことができません」。絶えずこのように感じましょう。この確信がもっともっと強くなりますようにと祈りましょう。「おお、自分よ!オーム タット サットと唱えなさい」と自分に言い聞かせましょう。オーム タット サットは、ブラフマンを象徴する三語です。
.
肉体が五つのプラーナ(生気)によって健康で強く保たれているように、この五つの祈りはあなたに「ブラフマンの意識」、すなわち「ブラフマンそのものの状態」を授けるでしょう。

1983年11月23日の御講話

 

すべての幸せを強く祈りましょう(サマスタ ローカー スキノー バヴァントゥ)

すべての幸せを祈りなさい。祈りの力は計り知れません。ここに集まった皆さんは、あらゆる場所にいるすべての人々の安寧と幸福のために、毎日祈るべきです。これが真のスピリチュアリティ(霊性)です。

1996年3月20日の御講話

 

 毎日『ブラフマ スートラの神髄 スートラ ヴァーヒニー』を読みましょう。

 スワミに祈りましょう。永遠にスワミに仕え、スワミを愛するための信愛と献身という祝福を私たち全員に与えてくださいますようにと、スワミに祈りましょう。

ありがとうございます。

ジェイサイラム

愛を込めて、サイの奉仕のうちに

ナレーンドラナート レッディ医学博士

 

Narendranath Reddy, M.D.
Chairman
Sri Sathya Sai International Organisationhairman
Telegram | Facebook | Instagram | Twitter