AUM SRI SAI RAM

SSIOJ公式ホームページ  「ラジオ サイ ジャパン」へようこそ

放送

毎月、1時間の放送音源がアップされます。内容は、SSIOJ(サティヤ サイ インターナショナル オーガニゼーション ジャパン)の活動報告、サティヤ サイ ババの御講話、霊的なテーマや奉仕活動に関するスピーチ・劇・体験談、バジャン・ディヴォーショナルソング、ヴェーダ・マントラなどです。

プログラム

2004年から放送されてきた各プログラムを、ジャンルごとに整理して随時アップしています。

その他

トップページでは、サイセンターのイベントのライブ中継の映像を公開しています。
Facebookページでは、インドから放送されているRadio SAIの音源や動画を紹介しています。

最新の放送

2019年10月号 サイの学生達による講演会「Be Happy!」に関する連続スピーチ前篇

2019年8月17日 プラシャンティーニラヤムから来日するサイの学生達による講演会

テーマ「Be Happy!」に関する連続スピーチ(前篇)

バクティークラブ

「困難に直面したあなたに 勇気を生み出すサイの御言葉」

日本語バジャン

「すべてを導く聖なるグルサイババ」
「ダルマの化身よ ラーマ 慈愛の海なる ラーマ」

 

2019年10月01日サービスのカテゴリー:2019
» 続きを読む

プログラム 更新履歴

2019年02月09日
2007年6月放送 劇「仏陀物語」(英語)
2019年01月13日
2007年5月放送 神戸バルヴィカスヴェーダ プルシャスークタム
2019年01月12日
2007年4月放送 スピーチ「八正道」
2019年01月12日
2007年3月放送 ドキュメンタリー His Works ヒズワークス
2019年01月11日
2007年1月放送 パブリックミーティング東京でのスピーチ
2019年01月03日
2007年2月放送 スタディーサークル「コミュニケーションの重要性について」
2018年12月28日
2006年12月放送 パブリックミーティング東京での青年によるスピーチ
2018年12月28日
2006年8月放送 体験談 劇「ヴェーダ ~真理の息吹~」に出演して
2018年12月23日
2006年6月放送 ドラマ「内なる声」
2018年11月03日
2005年3月 全国サーダナキャンプ in 愛知 パルダル博士 スピーチ
» 続きを読む

最新動画

2019年4月19日福岡でのエーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナ


《エーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナのご案内》

ヴェーダは賢者の石であり、すべての金属を金に変え、
すべての学生を霊性修行者に変え、すべての霊性修行者を聖賢に変えます。― サティヤ サイ ババ ―

オーム シュリ サイ ラム 親愛なる兄弟姉妹の皆様
この度バガヴァンの恩寵により、マントラの化身ラーマ神の聖なる御降誕の日に、福岡にて初めて、エーカーダシャ ルッドラ パ-ラーヤナを開催する運びとなりましたことを、スワミへの感謝とともに、日本全国の帰依者の皆様にご案内いたします。
今、日本、そして世界各地で大きな自然災害が頻発しています。九州においても 2016 年に震度7 の熊本地震、2017 年に九州北部豪雨、そして 2018 年には西日本豪雨が起きました。ヴェーダは人間社会に平和と安全をもたらすとスワミはおっしゃっています。このようなときにエーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナを福岡で開催できることは大変意義深いことです。「ヴェーダってよくわからない」「ルッドラムなんて唱えたことがない」、そのような方のためにこそ、ヴェーダを感じていただきたいと思い開催することにいたしました。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
※ ルッドラムやエーカーダシャ ルッドラ パーラーヤナに関する詳細は、ヴェーダ情報サイト「サイ ヴェーダ ライブラリー」内にある「Q&A>ルッドラムについて」をご参照ください。
サイ ヴェーダ ライブラリー https://sites.google.com/site/vedajapan

日時: 2019 年 4 月 13 日(土) ラーマナヴァミー13:00~17:40

★プログラム内容★
当日唱えるマントラ等:ガナパティ プラールタナー、ガナパティ アタルヴァ シールシャム、ナマカム(11 回)、チャマカム、プルシャ スークタム、シリー スークタム、マントラ プシパム、ナ カルマナー、スワスティ ヴァーチャカ シローカ、シヴァ バジャン、リンガーシタカム、アーラティー、聖水配布他
※ ヴェーダ テキスト(『ヴェーダ ハンドブック』等)をお持ちの方はご持参ください。一緒に唱えられる場合は、事前に上記マントラを CD や上記サイト「サイ ヴェーダ ライブラリー」にある音源で聞き込んでから参加されることをお勧めします。

 

» 続きを読む